クラウドERPシステム「NetSuite」


ネットスイート

Keyノート

  • 基本情報
  • クラウドERPシステム「NetSuite」の特長
  • クラウドERPシステム「NetSuite」のスペック

クラウドERPシステム「NetSuite」

掲載日:2015/03/31
更新日:2015/06/15


企業規模 中堅企業・中小企業 向け
オススメ
ユーザ
経営状況のリアルタイム可視化、迅速かつ効率的なコストでの海外拠点展開、M&A/IPOに向けた経営情報の整備などを実現したい企業
製品形態 ASP・SaaS
サービス
概要
ERP/ 財務会計、CRM、Eコマースを含む主要な業務アプリケーションの機能を、統合された1つのクラウドサービスとして提供
価格情報 ユーザ数×ライセンス料金+基本料金
※詳細は、お問い合わせ下さい
サポートエリア 全国


特長


ビジネス改善

データとシステムの一元化、経営の可視化で企業成長を実現


NetSuiteは財務会計、CRMをはじめ、営業力を強化するフロントエンドと呼ばれるシステムと日々の業務を経営の数字に落とし込むバックオフィスと呼ばれるシステムを、統合されたシステムで提供するクラウド型ビジネス基盤として、スピードとコスト効率を重視する成長企業や、グローバル展開、M&A、IPOといった課題を持つ企業に活用されている。

取引レコードで全情報を一元管理する、クラウド生まれのデータ構造
営業、受注管理、財務など、すべての業務を一元管理のデータベースに統合。例えば、営業、サポート、財務会計、配送、請求書など、全業務で顧客レコードに紐付いた共通のデータにアクセスする仕組みのため、業務ごとに個別のシステムやアプリケーションでデータを再入力するといった無駄な作業を排除できる。
 
標準実装のリアルタイムBIで意思決定を迅速化
クラウド環境で提供されるリアルタイムBIが、全体から細部にわたる現在進行形の「経営の今」の「見える化」を実現。業績の進捗、営業の進捗、マーケティングROI、顧客の動向など、様々な経営指標をリアルタイムに映すことで迅速な意思決定を支援する。BIは職責ごとのデータアクセス権やタスクに基づいた指標をもとに表示される。
 
グローバル標準クラウドERP
海外展開でも強みを発揮できるグローバル対応クラウドERPとして開発され、19言語、190種類以上の通貨での業務に対応し、100以上の国で利用されている。各国の法規制や細かな会計制度、50種類以上の税務報告書にも対応可能。グローバルスタンダードな仕様は、単なる海外でのシステム展開ではなく、本社からガバナンスを効かせたスピーディかつ正確な数字の把握を強力にサポートする業務基盤の構築を支援する。

顧客とのコミュニケーション、取引先関係各社とのコラボレーションの円滑化も支援。専用ポータルを介して迅速に情報共有やサービス提供を行うことで、より多くのビジネスチャンスを創出できる。

このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) クラウドERPシステム「NetSuite」
サービス提供会社 ネットスイート
動作環境 インターネット回線とパソコン
提供エリア 全国
オプションサービス -
その他サービス -
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


ネットスイート株式会社
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂2-5-27 SKIビル2階
TEL:03-5545-7663
FAX:03-5545-7622
e-mail:japaninfo@netsuite.com


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026817


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ