テキストマイニングソリューション TRUE TELLERテキスト解析API


テキストマイニングソリューション
TRUE TELLERテキスト解析API


野村総合研究所

Keyノート

  • 基本情報
  • テキストマイニングソリューション TRUE TELLERテキスト解析APIの特長
  • テキストマイニングソリューション TRUE TELLERテキスト解析APIのスペック

テキストマイニングソリューション<br>TRUE TELLERテキスト解析API

掲載日:2015/03/31


企業規模 大企業・中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
自社製品の不具合や、従業員のコンプライアンス違反などの早期発見・検知を効率的に行いたい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 600社以上の企業に導入されているテキストマイニングソリューション「TRUE TELLER」のリアルタイム版。API化によってプログラミングすることなく他システムとの連携が可能。
価格情報 50万円/コア(税別)
サポートエリア 全国


特長


テキスト分析

他システムとの連携が容易。600社が導入する分析システムが進化


家電、住宅、自動車、医薬品、食品・飲料などのメーカー、マーケティング調査会社など、約600社の導入実績を持つテキストマイニングツール「TRUE TELLER」シリーズ。「TRUE TELLERテキスト解析API」はシリーズ最新版で、API化により他システムとの連携を更に容易にしたもの。外部システムからのテキストデータの取り込み、解析、結果配信などの自動化を実現する。

テキスト情報をリアルタイムに解析
ネット上や電子メールで行き交うテキスト情報を解析することによって、自社製品の不具合や従業員のコンプライアンス違反の発見・検知を行いたいという企業のために、「TRUE TELLER」をAPI化。「TRUE TELLERテキスト解析API」は、以下を実現する。
自社のコールセンターシステムなどの外部システムから、テキストデータを自動で取込み 1件ごとに解析処理を実行し、結果を外部システムに自動配信(即時検知)
GUIを用いた、柔軟かつ容易なメンテナンス方式で、自社で各種の条件設定が可能

利用例
SNSの情報をもとにした、自社システムの障害発見
コールセンターへの問い合わせ内容をもとにした、自社製品の不具合の発見
営業担当者と顧客の対話音声やメール内容をもとにした、コンプライアンス違反の発見

「TRUE TELLERテキスト解析API」提供機能
形態素解析、構文解析、意味解析
固有名詞・同義語の定義、シソーラスによる辞書メンテナンス
単語、係り受け、意味属性、感性表現、正規表現による分類
機械学習アルゴリズムによる分類
複数の分類機能を組み合わせたハイブリッド分類 ほか




このページの先頭へ

スペック

製品名 テキストマイニングソリューション TRUE TELLERテキスト解析API
メーカー 野村総合研究所
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS -
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -
その他特記事項 スペックの詳細は、HPを参照いただくか、お問い合わせ下さい。

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社野村総合研究所
部署名:ビッグデータイノベーション推進部
住所:東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル20F
TEL:03-6706-0253
FAX:03-6706-0128
e-mail:trueteller@nri.co.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026810


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ