IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 運用管理 > 統合運用管理 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2015/03/30
更新日:2015/06/01


Control-M Workload Automation
企業内でのITの重要度が増す中で、ITインフラの規模は拡大する一方だ。加えて、仮想化やクラウド利用、ビッグデータ活用といった新たな技術の広がりによって、その形態も大きく変わりつつある。運用管理にもそうした変化への対応が求められるが、実際には旧態依然で、変わっていたとしても「つぎはぎ」のような状態ではないか。

何もすべてが海外を見習うべきと言いたいわけではないが、先ほどのような新たな技術や概念は実質的に海外先行であり、国内もそれを追っているような状況であることは確かだ。それを考えれば、運用管理に関しても、これまでのような「国内ベンダに任せていればいい」といった考え方のままではなく、少しばかりはグローバルでの技術・製品動向にも目を向け、いいものがあれば積極的に取り入れていくべきではないか。

極端な表現かもしれないが、良くも悪くも、ITインフラは世界標準に沿っているのに、運用管理の世界だけが「ガラパゴス化」になってしまいかねない…。そうした事態を避けるために、知っておくべき最新情報とは?

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「Control-M Workload Automation/Hadoopによるバッチ処理の高速化&簡素化も!最新ジョブ管理事情」 (全文)では、「Control-M Workload Automation」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「Control-M Workload Automation」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

Microsoftが教える、理想のクライアント環境を実現する12の条件 【日本マイクロソフト】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
Microsoftが教える、理想のクライアント環境を実現する12の条件 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 BMCソフトウェア株式会社


掲載企業 BMCソフトウェア株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


なぜ Office 365 は急な組織変更にも迅速に対応できるのか?

Office 365 が統廃合や新会社設立など組織変更へのスピードにも難なく対応できるかは経営戦略を司る経営者や部門長などにとって重要視すべきポイント。そこで医…

分析工数のほとんどを、データ形成に奪われている気がする……

ビッグデータを分析して高度なインサイトを獲得するには、まず効率的なデータ管理基盤が必要になる。統合的に管理できる基盤によって、データの収集と変換作業が迅速になり…

見過ごせないパブリッククラウド・オープン系の運用監視 有効手段はあるのか?

パブリッククラウドやSaaSで利用している業務系および情報系のシステムは、オンプレミスもしくはプライベートクラウドで運用している基幹系システムと部分的に連携して…

バックアップ製品の性能差でここまで変わる――Yahoo!Japan事例

巨大なシステム基盤を擁するYahoo! JAPANは、Oracleデータベース基盤のバックアップ、災害対策の遠隔レプリケーションの長時間化に課題を感じ、重複排除…

“ITIL”準拠の近道、3要素で見直すITサービス管理業務

仮想化、クラウド、マルチデバイス化などが進むにつれ、IT部門の管理負担は増大している。こうした状況下において、IT管理と業務のバランスを保ち、事業全体の最適化を…

わずか1分でリソース構成――「コンポーザブル・インフラ」は何がすごいのか

「コンポーザブル・インフラ」がビジネスを加速させるITインフラの新たな姿として注目を集めている。インフラの各要素をコンポーネントとし、それを柔軟に組み合わせてプ…

実は危険な“塩漬けLinux”サーバの安全を守る実践的アプローチ

AWS普及に伴い、Linuxの利用が拡大している。クラウドとの親和性の高さや安全性など総合的に高い評価を受けている。だが、その真価を発揮するには、適切に管理され…

インターネット分離だけで満足していないか? 分離後の対策を怠ると……

標的型攻撃の被害が拡大している今、その有効な打ち手として「インターネット分離」が注目されている。ここで見過ごしてはいけない重要なポイントである分離後のセキュリテ…

「VDI+セキュリティ製品」でも防御は不完全……何が足りない?

サイバー攻撃の高度化により、仮想デスクトップにセキュリティ製品を組み合わせた対策だけで脅威を防ぐことはさらに難しくなった。そこで、マルウェア感染を前提としたセキ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026741


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ