物理・仮想を丸ごとバックアップ Arcserve Unified Data Protection

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > バックアップ > バックアップツール > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2015/02/23
更新日:2015/04/21


Arcserve Japan

ソフトバンク・テクノロジー社事例・データ保護体制の社内標準化
ソフトバンク・テクノロジー社におけるバックアップ運用の社内標準化事例を解説。統一されていなかったバックアップ運用によるリスクや、Microsoft Azure との連携を前提に検討した5つの重点要件、導入効果を詳しくご紹介!

統一されていなかったデータ保護環境が生んだ課題
 ソフトバンク・テクノロジー株式会社では、システムの重要度や導入のタイミングに応じて複数のバックアップ体制を用いていたが、各システムのデータ保護環境の構築は各担当者に依存し、業務の属人化を招いていた。そのため、担当者が不在時に障害が起きた場合は速やかな対応ができないといった課題を抱えていた。

ツール選定のポイントや導入効果は
 Microsoft Azure へのデータ保護を前提に、バックアップ運用の社内標準化を推進した同社の、バックアップツール導入プロセスを詳しく解説します。
 「分かりやすいGUI」「リアルタイムバックアップ」など選定のポイントや、導入後の効果などをご紹介。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 Arcserve Japan 


掲載企業 Arcserve Japan 

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは

あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいの実害を防ぐためには従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になる。その理由と対策とは?

猛威をふるうメールでの標的型攻撃……検出の難しい脅威に、対抗策はあるか

電子メールを通じたサイバー攻撃は依然として増え続けている。サンドボックスを識別して疑わしい挙動を見せないものや、悪質なリンクを潜ませるものなど、攻撃の巧妙さも増…

リソースの使用率を最大限まで高める インフラを柔軟に構成する仕組み

多様なデータ分析を支援するために、インフラ運用はオーバープロビジョニングと容量をより多く確保する形で進んできたが、リソース使用率の低下が課題である。近年ではリソ…

なぜわざわざ「次世代インフラ」に移行するのか? 知っておくべき10個の理由

俊敏性よりも安定性を重視した従来型インフラが、今、アプリケーションやサービスの開発現場で足かせとなりつつある。そこで、モバイル、ソーシャル、クラウドに向けた開発…

ICTだけでは不十分、デジタルマーケティングがうまくいかない理由

顧客情報が共有できていないために、せっかくのデジタルマーケティングが有効に機能しないケースがある。クレームを寄せている顧客に型通りのビジネスメールを送って、火に…

データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋

サーバ仮想化、ネットワーク仮想化に続いて、データ仮想化が注目されている。増大するデータ量を大幅に削減し、ITコストの抑制に加え、バックアップやDRの改善、開発テ…

事例で学ぶクラウド選び――サービス選定の意外なポイントは通信にあった!

2016年8月に登場した移動式の留守番カメラ「ilbo(イルボ)」。開発元のエクストランは、映像通信コストの軽減と安定したサービス提供のために、これまで選択肢に…

クラウドなのにオンプレミスのような利便性 丸ごと1台専有サーバの魅力とは

合成樹脂事業を手掛けるプライムポリマーは、データ保管の課題を解消するため、サーバのリプレイス時にシステムの容量増加や性能強化を図った。ストレージ専有サービスに移…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026664


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ