IT・IT製品TOP > データ分析 > DWH > DWHの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データ分析 > DWH > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2015/03/06
更新日:2015/05/01


日本テラデータ

理想の分析環境を構築し、データ分析を最大限に活用するには
ビッグデータ活用の需要が高まる昨今、これからデータ分析に乗り出そうという企業も多いことでしょう。しかし分析を行う際の課題をクリアできないと有用な洞察の獲得には至れません。今回は分析時に押さえるべきポイントを解説いたします。

生産性の向上やコスト削減、顧客体験の向上、そして新たなビジネスの獲得など、様々なメリットを生み出す可能性を持つビッグデータ分析。しかしこれらを享受するためには、乗り越えなければならない課題が多数存在することも事実です。

そこで今回は、多くの企業が頭を悩ませる分析時の4つの課題とそれらをクリアする理想的な分析環境をご紹介。様々なプラットフォームやソリューションが移り変わる中で、最適な分析環境には何が求められるのか?ユーザニーズや最新技術へのキャッチアップ、変化するビジネス環境への対応など、様々な角度からその答えに迫ります。

既にデータ戦略を進めている方はもちろん、これからデータ分析を始めるという方も、本資料にて是非その内容をお確かめ下さい。
(本資料は、1957年に初のPC/データ処理の
 専門誌として創刊したエンタープライズITの情報誌『Datamation』の特集記事です)





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本テラデータ株式会社


掲載企業 日本テラデータ株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


仮想環境のバックアップ、「大規模特有の破綻リスク」を回避せよ

基幹システムなど重要システムの仮想環境移行が進んでいる。しかし大規模環境“特有”のバックアップリスクを把握しているだろうか。知らないと危険な落とし穴を解説する。

事例で分かるマルチクラウドの課題と対策方法 失敗しないクラウド基盤の選び方

提供形態の異なるクラウドを適材適所で使い分ける「マルチクラウド」の活用が加速している。マルチクラウド環境の課題をまとめるとともに、ネットワーク、セキュリティ、運…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026620


IT・IT製品TOP > データ分析 > DWH > DWHの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ