【SHA-2移行対策】サーバー管理者のためのチェックリスト

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2015/01/27

【SHA-2移行対策】サーバー管理者のためのチェックリスト
 2015年はサーバー管理者にとって忙しい1年となりそうだ。7月のサポート終了まで半年を残すあまりとなったWindows Server 2003だが、取り組むべき課題はそれだけではない。SSLサーバー証明書のハッシュアルゴリズム:SHA-2移行問題もその1つだ。
 本コンテンツでは、SHA-2って何?絶対に移行しないとダメなの?といった方のために、ハッシュアルゴリズムがどこで利用されているのか、移行しないとどんなリスクがあるのかといったキホンについて解説する。更に「サーバー管理者のためのチェックリスト9項目」をまとめた資料をダウンロードコーナーにご用意したので、スムーズなSHA-2移行に向けて是非ご参照いただきたい。

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「【SHA-2移行対策】サーバー管理者のためのチェックリスト/WS2003対策だけじゃなかった!サーバー管理・2015年のテーマ」 (全文)では、「【SHA-2移行対策】サーバー管理者のためのチェックリスト」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「【SHA-2移行対策】サーバー管理者のためのチェックリスト」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 間近に迫るクレジットカード情報のPCI DSS準拠、短期間、低リスクで対応するには? 【日本オラクル】
暗号化 暗号化 暗号化
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 間近に迫るクレジットカード情報のPCI DSS準拠、短期間、低リスクで対応するには?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ


掲載企業 合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026508


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ