次世代エンドポイント型セキュリティ製品「Falcon Host」

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2014/12/25
更新日:2015/02/20


マクニカネットワークス

見えてきたサイバー攻撃対策における検知の死角と運用の課題
多くの企業が標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃への対策を講じている。しかし、そこに思わぬ盲点があることをご存じだろうか?本資料ではサイバー攻撃対策における検知の盲点、運用課題と効果的な対策を解説。

昨今のサイバー攻撃対策は、サンドボックスによる未知の攻撃検知、インシデントに関するログ基盤によるモニタリングなど、大きく進化している。その一方で、新たな脅威が出現し、検知の盲点が明らかに。

例えば…
●サンドボックスを迂回する攻撃の出現
●従来型のセキュリティ製品やそのログの相関分析では検知が難しいサイバー攻撃の出現
…など

本資料では、このような検知の盲点を解消するには、エンドポイント対策が有効であると解説しています。

では、なぜエンドポイントへの対策でサイバー攻撃における検知の盲点を解消できるのでしょうか?





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 マクニカネットワークス株式会社


掲載企業 マクニカネットワークス株式会社



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026445


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ