パフォーマンス管理ソリューション Riverbed SteelCentral


パフォーマンス管理ソリューション Riverbed SteelCentral


リバーベッドテクノロジー

Keyノート

  • 基本情報
  • パフォーマンス管理ソリューション Riverbed SteelCentralの特長
  • パフォーマンス管理ソリューション Riverbed SteelCentralのスペック

パフォーマンス管理ソリューション Riverbed SteelCentral

掲載日:2014/12/16
更新日:2015/08/25


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
ネットワークやアプリケーションのパフォーマンス上の問題をサービス停止前に検知し、サービスを円滑に運用したい企業。
製品形態 ハードウェア
製品概要 ネットワーク機器の分析とコラボレーション機能を搭載したパフォーマンス管理ソリューション。迅速なトラブルシューティングとネットワーク可用性の向上を支援する。
価格情報 オープン価格
サポートエリア 全国


特長


集中制御

ITインフラの把握とシステムダウンの防止を支援


Riverbed SteelCentralは、アプリケーション配信プロセスをモニタリングし、問題が顕在化する前に検知・修正を行うパフォーマンス管理ソリューション。トランザクションのトレース、コンポーネントのモニタリング、及びネットワークとインフラストラクチャの管理を独自に組み合わせることで、業務上、止めることのできないアプリケーションのパフォーマンスを安定させるとともに、可用性・生産性を最大限に高める。新たなアプリケーションの導入からデータセンターの統合・仮想化、クラウド移行、ネットワーク機器の稼働可視化など、様々なシーンにおいて活用でき、全体のパフォーマンスの把握を支援する。

●包括的にパフォーマンスを可視化
リアルタイムのモニタリングやトランザクション分析、複数アプリケーションのパフォーマンス分析などを実施することで、パフォーマンスの全体像を把握。可視性やインテリジェンスを損なわずに、クラウド、モバイル、仮想環境を活用できる。

●専門的な分析を自動で実施
アプリケーションとネットワークの依存関係の解析など、専門的な分析を自動的で実施することでITチームの業務をサポート。ネットワークがアプリケーションのパフォーマンスに及ぼす重大な影響を、いち早く察知することができる。

●未然のトラブルシューティング
リアルタイムなモニタリングを実現できるだけでなく、ビジネスレベルのデータからパフォーマンスの指標へと段階的に分析し、パフォーマンス問題の根本原因も特定。問題が顕在化する前のトラブルシューティングや原因究明、ダウンタイム削減までを支援する。




このページの先頭へ

スペック

製品名 Riverbed SteelCentral NetExpress 460
メーカー リバーベッドテクノロジー
寸法 644.4(奥行)x 436.1(幅)x 43.4(高さ)mm
質量 16.36 Kg
電源 AC100〜240V 50/60Hz
筐体タイプ 19インチラックマウント(1U)
ネットワーク管理機能 パケットデータキャプチャ取得機能
ネットワークフロー取得機能
アプリケーションパフォーマンス可視化機能
トラフィックふるまい検知機能
通信ノード依存関係マッピング機能
Packet Analyzer(Wireshark連携オプション)
LANインターフェース モニターポート 1000/100/10BASE-T ×4
WANインターフェース -
その他インターフェース RS232C ×1
その他特記事項 【製品形態】
 ハードウェア、ソフトウェア(仮想版)あり

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


リバーベッドテクノロジー株式会社
住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル6F
TEL:03-5423-6777 (代表)


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026318


IT・IT製品TOP > 運用管理 > パフォーマンス診断 > パフォーマンス診断の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ