アカマイ・テクノロジーズのセキュリティ ソリューション

IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2014/11/26

アカマイ・テクノロジーズのセキュリティ ソリューション
悲しいかな、日本はセキュリティ対策において、世界の先進国から1歩も2歩も立ち遅れていると言われている。

この9月には、防衛省と警視庁のホームページが「DDoS攻撃」を受けたことが報道されたばかり。金融はもとより、製造、流通など、企業のWebサイトや顧客情報システムが不正アクセスにより改ざんされ、ウイルス感染や情報流出の危険があった…というニュースは日常茶飯事。Webサイトが改ざんされ、閲覧者のPCがマルウェアに感染、銀行のオンラインバンキングにアクセスすると暗証番号やパスワードが盗まれ、口座の現金が引き出されてしまうといった被害もあとを絶たず、最近では、何と中学3年生の少年がオンラインゲーム会社に「DDoS攻撃」を仕掛けサービス停止に追い込む事件も発生している。実際に情報流出という事態になれば、多額の賠償金がかかるだけでなく、株価の下落は必至。多大な損失を被ることになる。

日本だけでも月平均400件ものWeb改ざんが、サイバー攻撃によって実行されているにも関わらず、企業側は迫り来る脅威に、極めて“無頓着”な状況が続いていると言っても決して過言ではない。もはやサイバー攻撃による被害は“対岸の火事”では済まされないというのに。

では、日本の企業には「DDoS攻撃」や「ゼロディ攻撃」など、未知の脅威へ立ち向かう術はないのだろうか?従来のセキュリティ対策では防ぎ切れないとされるこれらの脅威から、どうやって自社の情報資産を守ればいいのだろうか?いち早く対策を講じた日本企業が採用した、そのソリューションとは?次項で詳しく見ていこう。

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「アカマイ・テクノロジーズのセキュリティ ソリューション/防衛省・警視庁へサイバー攻撃…日本に立ち向かう術はないのか」 (全文)では、「アカマイ・テクノロジーズのセキュリティ ソリューション」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「アカマイ・テクノロジーズのセキュリティ ソリューション」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】 シマンテック SSL サーバ証明書 【シマンテック・ウェブサイトセキュリティ】 クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。 最新ウェブサイト攻撃の被害データと攻撃傾向を徹底解説 クラウドのセキュアWebゲートウェイにおいて、独自の解析技術により、マルウェア配布サイトへのWebアクセスやC&Cサーバへの不正通信をブロックする出口対策を提供。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 アカマイ・テクノロジーズ合同会社


掲載企業 アカマイ・テクノロジーズ合同会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


ITインフラは長く使うほど高くつく? 費用対効果を最大化する更新サイクルとは

ITインフラは延命して長期間利用する方が効率的と考えがちだが、そんな常識は過去のものとなったようだ。IDCの調査で、サーバを長期利用すると運用コストが指数関数的…

Excelをやめ、SFAに切り替えるべき7つの理由

「Microsoft Excel」を駆使して営業活動を管理している企業は少なくない。SFAの存在は知っていても、何がどう変わるのかイメージできない。そこで先を行…

2017年7月版セキュリティレポート、標的型サイバー攻撃の最新トレンドと対策

標的型サイバー攻撃に関する最新レポートによると、攻撃手法のトレンドは「ツールの現地調達」と「ファイルレス攻撃」であるという。攻撃者が身を隠しやすく、痕跡も残さな…

本当に情シスは不要になるのか? ノンプログラミング開発ツール

ノンプログラミングでシステム開発できるから、情シスは不要?自らが手を動かす場面は減るものの、決して不要にはならない。では、ノンプログラミング開発ツール導入で情シ…

担当者変更によるAccessのブラックボックス化を防ぐ、「情報共有ツール」とは

Accessで作り込んできた業務システムがブラックボックス化し、誰も触れない…。Windows 10への移行を進める中で、社内Access資産の動作検証や対応が…

ファイルサーバを“正確”に40%ダイエット、その違いは何か?

管理者が不要ファイルを見極めるのは困難。ユーザも積極的に削除してくれない。でも、ゴミ山積のままではバックアップなど何をするにも非効率!サーバーのリプレース時にも…

“アブない”事例集:ファイルサーバ管理を誤った悲劇の結末

管理者から見えないところでルール無視のいろいろな使われ方をしている…というのが、多くの企業におけるファイルサーバの実情だろう。管理者が利用状況を把握していないと…

「WannaCry」でも悪用か、“官製ハッキングツール”の脅威にどう対処する?

ランサムウェア「WannaCry」では、国家が開発した攻撃ツールが悪用されたとみられている。高度化、複雑化する脅威の拡大を防ぐために、企業が取り得る対策とは。

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026304


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ