インシデント即時対応ソリューション EnCase Enterprise

IT・IT製品TOP > 運用管理 > フォレンジック > フォレンジックの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 運用管理 > フォレンジック > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2014/11/07
更新日:2015/01/07


ガイダンス・ソフトウェア・ジャパン

情報漏洩につながる脅威を速やかに検出し、対応するためには
システムの不正利用や誤用による情報漏洩、サービス運用障害、マルウェア感染など万が一のインシデントを防ぐために、どういった対応を取ればよいのか? 大規模な情報漏洩が世間を賑わわせる昨今、企業がすべきこととは?

企業のシステムが、情報漏洩やサービス運用障害、マルウェア感染などの被害に見舞われた場合、「攻撃したのは誰か?」「いつ、どのように攻撃が行われたのか?」「被害と影響の範囲は?」「セキュリティ対策は足りていたのか?」「事件の経済的な損失はどの程度か?」など様々な検証が求められることになります。

本資料では、万が一のために企業が行っておくべき施策について解説するとともに、そういった企業の課題に対応するソリューションを紹介いたします。

情報漏洩対策や内部統制の強化、インシデント対応の参考にご覧下さい。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 ガイダンス・ソフトウェア・ジャパン株式会社


掲載企業 ガイダンス・ソフトウェア・ジャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


仮想環境のバックアップ、「大規模特有の破綻リスク」を回避せよ

基幹システムなど重要システムの仮想環境移行が進んでいる。しかし大規模環境“特有”のバックアップリスクを把握しているだろうか。知らないと危険な落とし穴を解説する。

事例で分かるマルチクラウドの課題と対策方法 失敗しないクラウド基盤の選び方

提供形態の異なるクラウドを適材適所で使い分ける「マルチクラウド」の活用が加速している。マルチクラウド環境の課題をまとめるとともに、ネットワーク、セキュリティ、運…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026178


IT・IT製品TOP > 運用管理 > フォレンジック > フォレンジックの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ