システム管理者の情報漏洩対策ソリューション

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2014/11/27
更新日:2015/01/26


システム管理者の情報漏洩対策ソリューション
昨今相次いで発生している個人情報の漏洩など不正事件の多くは、システム管理者・運用者によって引き起こされていることをご存じでしょうか?

システム管理者による不正行為は、
●特権IDが不正使用、濫用された場合、影響範囲は大きい。(DBからの全件抽出など)
●IT技術の知識や経験が豊富で、一般に認識されていない「抜け穴」を知っている。
●証拠を隠滅される恐れがある。
などの特徴があり、企業や顧客に対して大きな影響を及ぼす可能性が高いと言えます。

システム管理者による不正を防止するには?
システム管理者の業務の特徴を理解し、想定されるリスクを整理した上で、対策を取る必要があります。
そこで、この記事では、システム管理者による情報漏洩対策で押さえておきたい重要な3つのポイントについて解説します。

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「システム管理者の情報漏洩対策ソリューション/特権IDの不正使用・濫用を防ぐ対策の決め手とは?」 (全文)では、「システム管理者の情報漏洩対策ソリューション」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「システム管理者の情報漏洩対策ソリューション」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】 「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 【CA Technologies】
ID管理 ID管理 ID管理
申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。 「インサイダー脅威」の犯人は誰か? 調査で見えた意外な弱点 物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 エンカレッジ・テクノロジ株式会社


掲載企業 エンカレッジ・テクノロジ株式会社



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026153


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ