システム管理者の情報漏洩対策ソリューション

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2014/11/27
更新日:2015/01/26


システム管理者の情報漏洩対策ソリューション
昨今相次いで発生している個人情報の漏洩など不正事件の多くは、システム管理者・運用者によって引き起こされていることをご存じでしょうか?

システム管理者による不正行為は、
●特権IDが不正使用、濫用された場合、影響範囲は大きい。(DBからの全件抽出など)
●IT技術の知識や経験が豊富で、一般に認識されていない「抜け穴」を知っている。
●証拠を隠滅される恐れがある。
などの特徴があり、企業や顧客に対して大きな影響を及ぼす可能性が高いと言えます。

システム管理者による不正を防止するには?
システム管理者の業務の特徴を理解し、想定されるリスクを整理した上で、対策を取る必要があります。
そこで、この記事では、システム管理者による情報漏洩対策で押さえておきたい重要な3つのポイントについて解説します。

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「システム管理者の情報漏洩対策ソリューション/特権IDの不正使用・濫用を防ぐ対策の決め手とは?」 (全文)では、「システム管理者の情報漏洩対策ソリューション」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「システム管理者の情報漏洩対策ソリューション」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

クラウドアプリのシャドーIT化を防ぐ、「CASB」活用の5つのポイント 【サイバネットシステム】 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 【サイバネットシステム株式会社】 クラウドデータ管理の5つの鉄則――損失の大きい失敗を回避するための基本戦略 【Commvault Systems Japan】
ID管理 ID管理 ID管理
クラウドアプリのシャドーIT化を防ぐ、「CASB」活用の5つのポイント クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 クラウドデータ管理の5つの鉄則――損失の大きい失敗を回避するための基本戦略

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 エンカレッジ・テクノロジ株式会社


掲載企業 エンカレッジ・テクノロジ株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


抽選で2-in-1ノートPCとギフト券が当たる★会社支給PCに関するアンケート

会社支給PCに関するアンケートへのご協力のお願いです●アンケートにお答えいただいた方の中なら抽選で1名様にデル XPS 13 2-in-1 ノートPC1台、10…

ビジネス課題と解決方法のアンケート◆2-in-1ノートとギフト券が抽選で当たる

お勤め先のビジネス課題と解決方法についてのアンケートへのご協力のお願いですアンケートに回答すると抽選で1名様にデル XPS 13 2-in-1 ノートPC 1台…

【2-in-1ノートが当たる】クライアント端末に関するアンケート

社内クライアント端末の選定に関するアンケートへのご協力のお願いです●アンケートに回答すると抽選で1名様にデル XPS 13 2-in-1 ノートPC 1台、10…

新年度のコスト削減の一手は1ユーザー月額150円のグループウェア

◆約半数の企業が重要課題に挙げるコスト削減と情報・ナレッジ共有◆ITに関するアンケート結果から情報基盤の1つであるグループウェアについてコスト削減と情報共有の活…

BIツール徹底攻略ガイド――基礎から学ぶ導入と活用のポイント

重要性は明確だが、活用が難しいBIツール。データ活用につまずく理由は、目的・利用者・利用者の分析スキルの高さという3要件を明確にしないまま導入していることにある…

職場管理の5SはやってもITは野放し? ファイルサーバ管理編

意識的に改善を続けないと破綻しやすいファイルサーバの運用管理。実は、職場環境のおなじみのスローガン「5S」は、IT環境にも効果的だということをご存じですか。整理…

重宝してきたAccess…そろそろ、脱却しておかないとマズいかも?

Accessで作り込んできた業務システムがブラックボックス化し、誰も触れない…。Windows 10への移行を進める中で、社内Access資産の動作検証や対応が…

2017年7月版セキュリティレポート、標的型サイバー攻撃の最新トレンドと対策

標的型サイバー攻撃に関する最新レポートによると、攻撃手法のトレンドは「ツールの現地調達」と「ファイルレス攻撃」であるという。攻撃者が身を隠しやすく、痕跡も残さな…

月150円で1人情シスを悩ませるグループウェア管理の負担を解消

“ほぼ1人”の状態で社内の様々なシステムを管理されている情シスの業務負荷をクラウドなら、どう解決できるのか?グループウェアのクラウドサービスを例に解説します。ク…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026153


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ