IT・IT製品TOP > ストレージ > テープストレージ > テープストレージの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ストレージ > テープストレージ > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2014/12/03


日本アイ・ビー・エム

今注目すべきデータ保管先とは…実はテープ!その意外な理由は
企業が扱うデータ量はHDDの成長を上回るスピードで増加、ドライブ追加で容量を増やす対症療法では遅かれ早かれ行き詰まりに。知らずにテープを“あきらめる”と損をするテープの“新たな利用価値”や“操作性を劇的に変える方法”を紹介!

テープは「コスト単価が安い」「保管スペースが小さくて済む」「搬送などによる振動に強く、移動が容易」といった数々のメリットで重宝されてきましたが、バックアップ用途にかぎられ、データを主として保管するストレージはHDDが中心的役割を担っていました。それが、1年ほど前から「テープの復権」と市場で取り上げられるまでになりました。

これは、テープが本来持つメリットを活かしつつ、ビッグデータをはじめとする新たな領域へのIT活用の広がりによって、新たな“利用価値”が見直されているからにほかなりません。テープにはいくつもの優位点があり、将来性も有望なのです。 

この資料では、注目を集めつつあるテープの“新たな利用価値”などの最新事情を詳しく解説!

ドラッグ&ドロップによる移動など、HDD上のファイルと同様の容易なアクセスや管理を提供する最新のテープ・ファイルシステム(LTFS)の利用シナリオも紹介(無償版もあり!)。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本アイ・ビー・エム株式会社


掲載企業 日本アイ・ビー・エム株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


1人情シスには重すぎるグループウェア管理負荷を月150円で解決

“ほぼ1人”の状態で社内の様々なシステムを管理されている情シスの業務負荷をクラウドなら、どう解決できるのか?グループウェアのクラウドサービスを例に解説します。ク…

経理部門の負担を50%減少した事例も――高機能経費精算システムの実力

従来の経費精算は申請側にとっても経理にとっても負担が大きく、業務の効率化においてハードルとなってきた。申請から支払い処理までを一元管理できるシステムを導入すれば…

確度の高い見込み客を見つけ、受注に導く方程式を作る

商談を成功させる最良の方策は、購入意欲を持っている見込み客を見つけることだ。SFAを用いれば、顧客の様々な関連情報を組み合わせて、優良顧客を見つけ出せる。

この一冊でセキュリティ最新動向が分かる セキュリティ脅威レポート2017年版

『インターネットセキュリティ脅威レポート』最新版を公開。IoTデバイスへの攻撃、ランサムウェアなど企業を脅かすインシデントの最新動向から、米国大統領選挙における…

Accessに替わる新たな情報共有ツール 担当者頼りを撤廃し、高い汎用性を実現

システムを手軽に作成でき、細かな作り込みも可能なAccess。置き換え先の検討も困難だが、最近はノンプログラミング開発基盤に期待を寄せる企業も多い。だが、本当に…

急なワークフローの変更にも対応可 運用効率を改善する裏技とは

社内申請のシステム化を目的にワークフロー製品を導入したものの「組織や業務をシステムに無理やり合わせている…」「コストや手間が想定以上」などの課題を持つ企業も少な…

実録:老朽化したファイルサーバの交換、容量1TBの移行を1カ月で達成

▼営業部の老朽化したファイルサーバ、来月までにリプレースせよ!導入したのは約10年前、データ量は1TB、元の担当者は既に退社、OSはサポート切れのWindows…

SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは?

今ハイパーコンバージドインフラが脚光を浴びている。大手ベンダーが提供するアプライアンス製品が注目されがちであるが、本当にコストパフォーマンスを追求するのであれば…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026121


IT・IT製品TOP > ストレージ > テープストレージ > テープストレージの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ