ファイアウォールログ解析ソフトウェア FIREWALLstaff


ファイアウォールログ解析ソフトウェア FIREWALLstaff


日立ソリューションズ

Keyノート

  • 基本情報
  • ファイアウォールログ解析ソフトウェア FIREWALLstaffの特長
  • ファイアウォールログ解析ソフトウェア FIREWALLstaffのスペック

ファイアウォールログ解析ソフトウェア FIREWALLstaff

掲載日:2014/10/10
更新日:2015/08/01


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
ファイアウォールのログを解析して、ビジュアルなレポートの作成を行いたい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 ファイアウォールのログ解析ツール。ログを解析してレポートの作成を行う。
価格情報 ファイアウォールが単一構成の場合:60万円
ファイアウォールが冗長構成の場合:72万円
※1ファイアウォールあたり、税抜
サポートエリア 全国


特長


FWログ解析

ログ収集とログ解析が可能な、レポート作成ツール


■ログ収集
●TCP/UDPでのSyslog収集
 ・UDPに加えて、TCPでもSyslogを収集可能。
 ・TCP及びUDPの待ち受けポート番号は、変更可能。
 ・受信したログは、テキスト形式で、受信した日ごとのファイルに分けて、保存。
●ログの圧縮
 ・指定した日数を経過したログを、定期的にzip圧縮。
●ログの削除
 ・指定した日数を経過したログを、定期的に削除。

■レポート作成
●1000種類以上のレポート
 ・グラフ(折れ線、棒、円グラフ)と表からなる、1000種類以上のレポート。
 ・日次、週次、月次、年次のレポートを、指定したタイミングで作成。
●レポートのファイル形式
 ・Word形式及びHTML形式でレポートを作成。
●レポートの内容
 ・トレンドレポート、Web通信レポート、メール通信レポート、攻撃レポート、ウイルスレポート、アプリケーションレポートなど。

■サンプルレポート
FIREWALLstaffが作成するサンプルレポートは、
 http://www.hitachi-solutions.co.jp/firewallstaff/
を参照。

■体験版
FIREWALLstaffの体験版は、
 http://www.hitachi-solutions.co.jp/firewallstaff/
から入手可能。

このページの先頭へ

スペック

製品名 ファイアウォールログ解析ソフトウェア FIREWALLstaff
メーカー 日立ソリューションズ
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Windows Server 2008/2012
Windows 7/8
(32ビットまたは64ビット)
サーバ側対応プロセッサ Intel(R) Xeon(TM) プロセッサ 2.0GHz以上
サーバ側必要メモリ容量 2GB以上
サーバ側必要ディスク容量 100GB以上
サーバ側その他動作環境 Microsoft .NET Framework 4.5.1 または 4.5.2
その他特記事項 ※対応ファイアウォールは、以下の通り
・Juniper Networks SSGシリーズ
・Juniper Networks SRXシリーズ
・Check Pointシリーズ
・Fortinet FortiGateシリーズ
・Palo Alto Networks PAシリーズ
・Cisco ASAシリーズ
・IPCOM EX IN/SC シリーズ
※製品の改良などの理由により、予告なく記載されている仕様が変更になることがあります

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社日立ソリューションズ
住所:〒140-0002 東京都品川区東品川4-12-7
TEL:0120-090-922


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026003


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ