Panda Cloud Office Protection


PS Japan

Keyノート

  • 基本情報
  • Panda Cloud Office Protectionの特長
  • Panda Cloud Office Protectionのスペック

Panda Cloud Office Protection

掲載日:2014/09/26
更新日:2015/03/15


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
作業動作に影響せず、かつ多拠点にある社内PCのプロテクションが可能なセキュリティソフト導入を検討中の企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 アンチマルウェア+ファイアウォール機能をクラウドで提供する、複数PCの統合管理を可能としたセキュリティソリューション。導入・運用コストの大幅な削減を支援する。
価格情報 5ライセンス(1年):2万円より
※税別
サポートエリア 全国


特長


セキュリティ

複数拠点のクライアントPCセキュリティをクラウドで一元管理


Panda Cloud Office Protectionは、クラウドで提供されるアンチマルウェア+ファイアウォールソリューション。本社や支社だけでなく、LAN接続されていない場合においても、複数拠点におけるクライアントPCの統合管理を実現した。PC作業中のスキャン時もユーザに意識させず、クラウド提供ならではの素早い新型ウイルスへの対応も可能とする。

初期・運用コストを抑え、信頼のセキュリティを提供
クラウドで提供されるため、初期導入や運用にかかるインフラ機器、人的リソースなどのコストを大幅に削減可能。アップグレードやアップデートの手間もかからず、既知及び未知の脅威にも対応する、Panda Security独自のクラウド型テクノロジー"コレクティブインテリジェンス"によって、最新のセキュリティ環境を維持することができる。

セキュリティを意識させない軽快な動作
最小限のリソース消費でのアップデート・セキュリティスキャンを実現。スキャン中も意識せずPC作業を続行でき、多少の負荷は仕方がないとされるセキュリティソリューションの常識を覆すことを実現した。

Webブラウザ1つで集中管理
集中管理のために必要なものはインターネット接続できるブラウザだけ。LAN接続されていない、支社や遠隔地のオフィスを含む、すべてのクライアントPCのアンチウイルスやファイアウォールプロテクションを簡単に管理できる。またニーズによって異なるポリシーの設定やユーザやグループ、ドメインごとの保護など、詳細な設定を可能とした。

セキュリティレポートで確実な運用管理
アップデートプロセスのステータス、検出・駆除・隔離したマルウェアの情報をレポートで提供。レポートはテキストファイル、XML、HTML、Excelフォーマットなどにエクスポートできるだけでなく、メール配信のスケジュール設定も可能とし、確実な管理を実現した。




このページの先頭へ

スペック

製品名 Panda Cloud Office Protection
メーカー Panda Security
クライアント側OS Windows 2000 Professional / XP以上
Mac OS X 10.6 Snow Leopard以上
その他Linux、仮想化環境
クライアント側対応プロセッサ Pentium 300 MHz またはそれ以上
クライアント側必要メモリ容量 256 MB 以上
クライアント側必要ディスク容量 280 MB 以上
クライアント側その他動作環境 【対応ブラウザ】
Internet Explorer 7.0以上、Firefox 3.0以上、Google Chrome 2.0以上
【インターネット接続】
直接またはローカル エリア ネットワーク経由
HTTP/HTTPS 接続 (ポート 80/443)
サーバ側OS -
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


PS Japan株式会社
住所:〒104-0033 東京都中央区新川1-11-8 第1小高ビル3階
TEL:03-4530-8151
FAX:03-6862-8618


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10025952


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ