XCute Ver12


マイクロラボ

Keyノート

  • 基本情報
  • XCute Ver12の特長
  • XCute Ver12のスペック

XCute Ver12

掲載日:2014/09/01


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
売上実績などExcelの報告書類の収集・集計をWebアプリ化し、効率化したい/リアルタイムな数字の把握で経営判断に活かしたい企業
製品形態 ソフトウェア
製品概要 WebブラウザでのExcel利用を簡単に実現するWebアプリケーションサーバーソフト。アプリ開発はノンプログラミング。PC/スマートフォン/タブレットでも利用が可能。
価格情報 5CAL 4CPU版 66万円(税別)〜
サポートエリア 全国


特長


Excel-Web

Excelを使い、簡単ノンプログラミングでDB連携のWebアプリを開発


 「XCute(エックスキュート)」は、ユーザ・インターフェース画面の設計にExcelを使うことで、プログラミングの知識がなくても、各種DBと連携したWebアプリケーションを容易に開発できるソフトウェアだ。PCだけでなく、スマートフォンやタブレット端末にも対応。AS400などのオフコンのWeb化やExcel/AccessのWeb化、部門別・拠点別のデータ収集の効率化を実現する。
 
■プログラミング言語を使用せず、Excelのスキルで手軽に開発
「XCute」のWebアプリ開発はノンプログラミング。Excelの画面イメージのままWeb化でき、Accessなどのデータベースの経験者なら、簡単・短期間での開発と改修が可能。

■Webブラウザでデータ共有が可能
拠点や部門からブラウザ上でのデータ入力やメインフレームの帳票のWeb化によるペーパーレス化を実現。拠点間や企業間の様々なデータの収集・共有も、ブラウザを介して行える。

■今までのExcel資産の活用と開発・改修コスト削減が可能
システムのインターフェースは使い慣れたExcelなので、システム化への移行もスムーズ。また、社内で利用していたExcelシートをそのまま「ひな型」に流用でき、ユーザ自らが開発することが可能だ。外部に開発・改修を依頼した際、必要だった莫大なコストと時間を省くことができる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 XCute Ver12
メーカー マイクロラボ
クライアント側OS Windows 2000 (SP3) / XP以上
クライアント側対応プロセッサ Intel Core2 2.0GHz以上
クライアント側必要メモリ容量 1GB以上
クライアント側必要ディスク容量 10GB以上の空き(Excelインストール領域含まず)
クライアント側その他動作環境 推奨Webブラウザ Internet Explorer 6.0以降
※ExcelOpen・ExcelDownload機能使用の際はMicrosoft Excel 2000以降が必要
サーバ側OS Windows 2003(R2)/ 2008(R2)/ 2012(R2)Server
サーバ側対応プロセッサ Intel Core2 2.0GHz以上
サーバ側必要メモリ容量 2GB以上
サーバ側必要ディスク容量 10GB以上の空き(Excelインストール領域含まず)
サーバ側その他動作環境 Excel 2007 / 2010 / 2013
Apache httpサーバ
Microsoft .NET Framework 3.5 SP1
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社マイクロラボ
住所:〒170-0003 東京都豊島区駒込1-44-10 花井会館3F
TEL:03-5981-4704
FAX:03-3947-1662


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10025799


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ