相見積・リバースオークションサービス 「dynaCloud Auction」


相見積・リバースオークションサービス 「dynaCloud Auction」


東芝情報システム

Keyノート

  • 基本情報
  • 相見積・リバースオークションサービス 「dynaCloud Auction」の特長
  • 相見積・リバースオークションサービス 「dynaCloud Auction」のスペック

相見積・リバースオークションサービス 「dynaCloud Auction」

掲載日:2014/03/31
更新日:2015/01/15


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
調達コストの削減・最適化を検討している企業。
見積取得や価格調整などの調達プロセスを効率化したい企業。
製品形態 ASP・SaaS
サービス
概要
サプライヤー間で競争させるオークションを活用し、購買価格決定、取引先の選定などの価格交渉業務を最適化する支援システム。クラウドサービスのほかパッケージ版もあり。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


調達業務改善

コスト削減や効率化など調達業務を最適化するクラウドサービス!


dynaCloud Auctionはインターネットを使ってリバースオークションを開催し、取引先(サプライヤー)との価格交渉業務を支援するサービス。リバースオークションとは、通常の「競り上げ式のオークション」と異なり、買い手(バイヤー)が購入したい商材の仕様や価格、数量、納期、納入場所などの調達条件を提示し、売り手(サプライヤー)が入札を行い競争しながら値段を下げていく「競り下げ方式のオークション」方式。このリバースオークションを採用したdynaCloud Auctionを導入することで、通常の調達業務にありがちな「購買価格がどんどん上がってしまい予算に収まらなくなってしまう…」「相見積など価格交渉業務は負担が大きい…」などの課題が一気に解消される。

調達コスト削減はもちろん、業務コストの削減も!
dynaCloud Auctionで開催されるリバースオークションでは、設定した時間内でサプライヤー各社が最低入札価格を確認しながら競り下げ合うため、バイヤーは価格交渉が不要。短時間で適正な市場価格を入手することができる。従来よりも物品の購入費用が削減されることはもちろん購買プロセスが自ずと効率化されるので担当者の負担が減り業務コストも削減される。

サプライヤー選定の公平性や透明性が確保できる!
同じ条件で入札を行うためサプライヤー間での公平性を保つことができるほか、入札の履歴はすべてdynaCloud Auctionに記録されるため、サプライヤー選定の透明性を確保できる。

案件ごと、サプライヤーごとに、調達業務が見える化!
案件ごとに「いつ、どのサプライヤーが、いくらで入札したのか」などの価格交渉経過も履歴管理が可能。またこれらの実績データはいつでも取り出すことができるので、調達業務の見える化が実現する。




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) 相見積・リバースオークションサービス 「dynaCloud Auction」
サービス提供会社 東芝情報システム
動作環境 【対応OS】
Windows Vista 以上
【対応ブラウザ】
Internet Explorer 8.x、Internet Explorer 9.x
提供エリア 全国
オプションサービス ●多国語対応 (日本語、英語、中国語)
※その他のオプションサービスについては、お問い合わせ下さい。
その他サービス ●購買改革ソリューション
「dynaCloud Auction」を活用し、間接材調達の「戦略購買立案」「購買プロセス策定」「購買実行」を実施。コスト削減効果の最大化を支援するコンサルテーションサービスを提供。
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


東芝情報システム株式会社
住所:〒210-8540 神奈川県川崎市川崎区日進町1-53 興和川崎東口ビル
TEL:044-246-8670


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10025267


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ