Commvaultデータ保護/管理ソフトウェア


CommVault Systems Japan

Keyノート

  • 基本情報
  • Commvaultデータ保護/管理ソフトウェアの特長
  • Commvaultデータ保護/管理ソフトウェアのスペック

Commvaultデータ保護/管理ソフトウェア

掲載日:2014/03/31
更新日:2016/04/01


企業規模 大企業・中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
「複数製品の組み合わせ」でうまくいかないデータ管理の問題を解決したい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。
価格情報 標準ライセンス価格28万8000円〜
※最小構成/税別
サポートエリア 全国


特長


データ管理

オンプレからクラウド環境まで、企業データの統合バックアップに


Commvaultはデータ保護の統合管理ソリューション。バックアップ、アーカイブ、レプリケーション、スナップショット、データ重複排除、暗号化など、他社では「複数製品の組合せ」で実現するソリューションを、Commvaultなら1つのソフトウェア製品で実現。

アーカイブの自動実行でバックアップ対象データを削減
アーカイブ条件を満たすファイルを、容量の小さいスタブ ファイルに置き換えてプライマリ ストレージからセカンダリストレージへ自動で移動することができる。アーカイブにより、バックアップ時間の短縮が図れる。

物理/仮想環境の統合バックアップとVMアーカイブ
物理/仮想環境のバックアップはもちろん、VMライフサイクル管理機能を提供。設定したポリシーに従ってVMを段階的にアーカイブ/リタイアさせることができるので、ユーザーが作成した仮想マシンがどんどん増えていくVMスプロール問題を容易に解決。

ハードウェアのスナップショットをIntelliSnapで活用
CommvaultのIntelliSnapテクノロジーは、様々なストレージのハードウェア スナップショットに対応。自分でスクリプトを作成することなく、アプリケーションと整合性のあるハードウェア スナップショットを簡単に実行可能。リカバリも個々のファイルレベルで高速に行える。

ノートPCのバックアップ
CommvaultのEdge機能は、ノートPCやデスクトップをバックアップし、バックアップした自分のデータへいつでもどこからでもアクセスし、セルフサービスでリストアすることを可能にする。バックアップはユーザが意識することなく実行される。

クラウド インフラの活用
 ≫クラウド ストレージ対応 - REST API標準対応で、Amazon S3やAzure Storageなど様々なクラウド ストレージをデータ保管先として使用可能
 ≫マルチテナント機能 - ユーザのアクセス制限ができるので、クラウド/データセンター事業者のバックアップ サービス (BaaS) の提供に最適


Commvault活用イメージ

Commvault活用イメージ
このページの先頭へ

スペック

製品名 Commvault v11
メーカー CommVault Systems
クライアント側OS ●Backup Agent:AIX、FreeBSD、HP-UX、Linux、Mac、Solaris、Windowsほか
※上記Backup Agent以外にも、Archive、Replication、仮想化ほか、多数のAgentを用意
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS ●CommServe:Windows
Commvaultの統合管理サーバ
●Media Agents:AIX、HP-UX、Linux、Solaris、Windows
ストレージデバイスへデータを書き込むサーバ
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -
その他特記事項 下記アプリケーション/データベースのバックアップに対応
●アプリケーション:Active Directory、Lotus Notes、Microsoft Exchange、Microsoft SharePointほか
●データベース:DB2、Informix、Microsoft SQL Server、MySQL、Oracle、PostgreSQL、SAP、SAP HANA、Sybaseほか

※対応OSの詳細については下記サイトも参照
●Backup Agent
http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=backup.html
●CommServe
http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=system_requirements/commserve.htm
●Media Agent
http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=system_requirements/ma.htm

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


CommVault Systems Japan株式会社
部署名:営業部
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア12F
TEL:03-6860-4617
e-mail:jpsales@commvault.com


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10025258


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ