資産管理アプライアンス『Dell KACE』


デル

Keyノート

  • 基本情報
  • 資産管理アプライアンス『Dell KACE』の特長
  • 資産管理アプライアンス『Dell KACE』のスペック

資産管理アプライアンス『Dell KACE』

掲載日:2013/12/20


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
OS移行/導入などの手間を削減したい、社内のセキュリティリスクを確実/簡単に管理したい、PCからモバイルまで一元管理したい企業
製品形態 ハードウェア
製品概要 ハードウェアのライフサイクル全体をカバーする資産管理アプライアンス。導入・運用が容易でOSの導入・展開から移行後のセキュリティ管理、モバイル端末の管理までを網羅。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


資産管理

OS移行の手間も削減!セキュリティリスク管理まで幅広く使える


 Dell KACE アプライアンスは、企業におけるハードウェア・システムのライフサイクル管理全体をカバーする資産管理アプライアンス。『K1000 管理アプライアンス』『K2000 導入アプライアンス』『K3000 モバイル管理アプライアンス』の3つから成り、それぞれが連携することで、資産管理の全ステップを網羅する。

●K1000 管理アプライアンス
 デスクトップPCやノートPC、サーバなどのいわゆる“資産管理”を実現する。インベントリ情報の収集やソフトウェア配布、パッチ管理などもサポート。「現在どのようなクライアントアプリケーションの、どのバージョンが利用されているか」を正確に把握できる上、アプリケーションの配布やバージョンアップまで自動化でき、セキュリティレベルを向上させる。

●K2000 導入アプライアンス
 OS移行や新PC導入時のキッティング作業やイメージ展開などの機能を搭載し、システムの導入・展開を実現する。例えばOS移行にともなうユーザプロファイル移行も、K2000にデータを一時的に保存するところからOSアップデート後に端末にデータを戻すところまですべて自動で対応でき、手間を大きく削減できる。

●K3000 モバイル管理アプライアンス
 拡張された機能でモバイル端末を管理。iOS、Android OS搭載端末の資産管理、ポリシーに基づいた運用、セキュリティ強化が可能に。K1000などと連携することで、PCからモバイルまで一括での管理を実現する。

◎Windows XPからの移行でも活躍
 K1000及びK2000を活用することで、OS移行に必要なすべてのステップに対応。スピーディかつ確実な移行を実現する。OSを移行するだけでなく、移行後のセキュリティ管理などに活用できることは大きなメリットだ。

◎業界トップレベルのコストパフォーマンス
 アプライアンスのため、ハードウェアをネットワーク上に設置するだけでOKと導入も手間が掛からない。充実した機能を手軽に利用でき、高いコストパフォーマンスを誇る。




このページの先頭へ

スペック

製品名 資産管理アプライアンス『Dell KACE』
メーカー デル
寸法 677.3mm×482.4mm×42.8mm
(奥行×幅×高さ)
質量 19.9kg(最大)
電源 550W PSU
筐体タイプ ラックマウント(1U)
プロセッサ K1000:Intel(R) Xeon(TM) 1.9GHz×1、2.2GHz CPU×2
K2000:Intel(R) Xeon(TM) 1.8GHz×1、2.2GHz CPU×2
K3000:Intel(R) Xeon(TM) 1.9GHz×1、2.2GHz CPU×2
メモリ容量 K1000/K2000:4〜16GB
K3000:4GB
内蔵ドライブ 500〜600GB、7200〜1万RPMのホットプラグ対応SATA(Serial ATA)ハードドライブ×3〜4、DVDドライブ
機能 -
インターフェース デュアルギガビットイーサネットポート
OS -
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


デル株式会社
住所:川崎市幸区堀川町580番地ソリッドスクエア東館20F
TEL:044-542-4047

備考: DellテックセンターJapan:http://ja.community.dell.com/techcenter/default.aspx


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10024962


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ