ファイル転送 ミドルウェア HULFT-DataMagic

IT・IT製品TOP > データ分析 > ETL > ETLの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データ分析 > ETL > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2013/12/27
更新日:2014/02/19


日立システムズ

厄介すぎるDB移行やデータ変換…“独自ツール開発”以外の選択肢
システム開発・移行の際に厄介なのがデータの移行や変換。高額なETLツールを導入するほどではないとしても、独自ツールを開発するとなると思った以上に工数が掛かってしまうことも!これらの作業を効率化する“新たな選択肢”を紹介します

データ移行や変換は、ETLツールを導入するか、独自ツールを開発するか、さもなくば手作業で対応するしかない…と思い込んでいませんか?
作業効率をグッと上げ、コスト・工数を最小限に抑える“新たな選択肢”となる製品があるんです!機能・特長とともにETLツールとの違いなどを紹介します。

◎ありがちな悩み&解決策を事例をベースに解説!
●サーバリプレイス案件などのDB移行で、レイアウト変更・改善作業に思わぬ工数が掛かってしまった
●統合ログ管理ツールに各システムのログが上手く取り込めない!
●取引先システムとデータ交換するのに、文字コードが違って困ってしまった
●親会社の連結会計用システムに連動するためのデータ変換業務が発生するのは仕方がない
●ECサイトの受注データ、そのままでは基幹システムに連携できない。毎回手作業で変換するしかない





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社日立システムズ


掲載企業 株式会社日立システムズ



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10024956


IT・IT製品TOP > データ分析 > ETL > ETLの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ