IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 運用管理 > 統合運用管理 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2014/01/10
更新日:2014/02/18


日本アイ・ビー・エム

え?ウチもBYOD…いざという時に慌てないための7つの準備とは?
ビジネスでの私物スマホ/タブレット活用が少しずつ広がっています。デバイスを購入せずに済むという大きなコストメリットをもたらすBYODが、あなたの会社でも導入される日が来るかも?「いざBYOD」という時に、押さえておくべき準備とは?

管理者の立場からすれば、管理が煩雑になってしまうBYODは「できれば導入して欲しくない」というのが本音かもしれません。しかし、大幅なコスト削減が見込めるBYOD導入をあなたの会社の経営陣が、いつ何時、決断しないとも限りません。「ある日突然、ウチでもBYODが始まった…」そんな時に、慌てて準備をしたのでは…。

BYODと言えば、セキュリティ対策やデバイス管理がとかくクローズアップされがちですが、ほかにもネットワークなどのインフラへの影響、ユーザからの問い合わせの対応など、管理者が対応すべき問題は少なくありません。

BYODを進めるにあたって、見逃しがちな想定外の問題とは?そして、問題が起きる前に、どのような準備が必要なのか?企業が想定しておくべき7つの問題とその対応策を解説。BYOD導入準備の「チェックポイント」としても活用できる資料です。

≫詳しくは資料にて!





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本アイ・ビー・エム株式会社


掲載企業 日本アイ・ビー・エム株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


手薄になっているクラウド上のシステム監視、楽して運用できる方法とは

パブリッククラウドやSaaSで利用している業務系および情報系のシステムは、オンプレミスもしくはプライベートクラウドで運用している基幹系システムと部分的に連携して…

絶対止めてはいけないシステムを「Always-On」に移行する4ステップ

計画内、計画外を問わず、システムダウン時間の影響を受けずに、常にビジネスサービスを維持する「Always-On」の考え方が多くの企業に浸透してきている。組織内外…

クラウド環境へのバックアップ、成否を”占う”ツールとは?

複雑、難しいと思われがちな、クラウド環境へのバックアップ。成功するかどうかは、選定するバックアップソリューションに掛っている。そこで、クラウド環境の利用が未経験…

製造業なら当たり前 備えておくべき情報プラットフォームの条件

多くの製造業は、新興国に拠点を設けて事業拡大をしてきたが、急激な経済成長に伴い、事業を支える情報基盤に求められる要件も大きく変化してきている。国内外問わず拠点展…

事例で解説:仮想環境には”健康診断”が必要不可欠だった!

仮想化基盤を定期的に診断し、潜在的な課題を可視化することは、安定稼働や運用コスト削減に欠かせない。そこで、最近は「仮想化健康診断」サービスを活用して、環境や運用…

アイデアエコノミー時代注目ITインフラを「10の理由」で解説

アイデアエコノミー時代、「コンポーザブル・インフラストラクチャ」が注目されている。コンピューティング、ストレージ、ネットワークの各要素をコンポーネントとして組み…

MS担当者が本音で語る Windowsアプリ開発基盤導入のメリット・デメリット

アプリケーション開発者にとって重要な、アプリ実行基盤や開発環境の選択。多種多様な端末に対応させたいが、既存のノウハウや資産も活用したい。クロスプラットフォーム開…

データ共有などに便利なクラウドストレージ。主要オススメサービスを一挙紹介!

クラウドのデータ保管場所として広く普及する「オンラインストレージ」。ビジネスで使うにはセキュリティや運用管理が非常に重要だ。ビジネス用途の最適なオンラインストレ…

そのビジネスチャット、本当に安全? 手軽だからこそ潜む情報漏えいのワナ

機密情報を扱う法律事務所では堅牢なセキュリティ対策が必須だが、ガチガチでは仕事がはかどらない――そんなジレンマの解決に取り組んだ、コスモポリタン法律事務所の事例…

米国と日本で差があるOSSへの期待効果 オープンソースの真の価値とは

コスト削減だけを目的にオープンソースソフトウェア(OSS)を使うのはもったいない。硬直的なシステムを変革するにはOSSの真のパワーを解き放つ必要がある。調査会社…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10024944


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ