ICS会計ERP OPEN21de3


ICSパートナーズ

Keyノート

  • 基本情報
  • ICS会計ERP OPEN21de3の特長
  • ICS会計ERP OPEN21de3のスペック

ICS会計ERP OPEN21de3

掲載日:2013/12/17


企業規模 大企業・中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
2段階での増税対応を機にパッケージ化への移行を検討される企業、経営戦略に活用できる管理会計をお考えの企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 堅牢で信頼性のある『会計システム』のロジックを十分に踏襲しながら、そのしなやかで大きなファイル構造でマネジメントで活用できる経営情報を提供する【会計ERP】
価格情報 基本会計150万円〜 (税別)
サポートエリア 全国


特長


会計ERP

会計情報の徹底活用で、経営の未来予想図をより鮮明にする


OPEN21de3の開発元であるICSパートナーズは、企業会計システムの開発と導入において、30余年の歴史と3800社の導入実績を持つ。
また、全国に配置された、平均社歴7年以上・平均導入実績40件のキャリアを持つ専任の担当者による、導入支援から運用段階でのトラブルシューティングまで一貫したオンサイトサポートで短期間での導入・安定稼働を実現。
 
■適切なバージョンアップで税制改正や会計制度変更へのスピーディーな対応を実現
消費税増税にともなうプログラム改良にも基準改正に合わせ迅速かつ確実に対応を行っていく。
(複数税率/経過措置/段階的増税/軽減税率、など)

■イージーカスタマイズ機能による抜群の業務適合性
大きなファイル構造豊富なサブモジュールで、企業の多様なニーズに柔軟に対応。
部門・セグメント・プロジェクトなどの管理会計用情報から、商品・担当者などの企業独自の項目で利用できる管理フィールド“ユニバーサルフィールド”を標準装備。

■優れたユーザインターフェース/出力帳表設計機能/外部インターフェース
自社の管理レベルにあった画面設計が可能。制度会計〜管理会計資料まで、自社のマネジメント内容に適合したフォーム設計が可能。
柔軟性・拡張性を実現していく勘定系・情報系システムなどとシームレスに連携が可能。

■管理会計機能
事業・拠点など自由な組織形態にも柔軟に対応可能。管理項目については、勘定科目以外にも販売数・顧客数などの非財務情報が管理できる。これにより高精度なKPIマネジメントを支援することができる。

■分析ツール
『マネジメントアナライザー』により、日常的に発生する会計データを任意の項目・タイミングで集計できる。事業別経費・採算はもとより、取引先別・商品別などの意思決定データを経理部主導で作成可能。EXCELやACCESS、CSVファイルにエクスポートして活用できる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 ICS会計ERP OPEN21de3
メーカー ICSパートナーズ
クライアント側OS Windows 7,Windows 8
クライアント側対応プロセッサ Intel(R) Pentium(TM) III 1.3GHz以上
クライアント側必要メモリ容量 1GB以上推奨
クライアント側必要ディスク容量 1GB以上推奨
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2
サーバ側対応プロセッサ Intel(R) Pentium(TM) III 1.4GHz以上
サーバ側必要メモリ容量 2.5GB以上
サーバ側必要ディスク容量 2GB以上
サーバ側その他動作環境 -
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社ICSパートナーズ
部署名:会計ソリューション ネット事業本部
住所:〒105-0004 東京都港区新橋6丁目1番11号
TEL:03-3433-6072
FAX:03-3433-2040
e-mail:net-business@ics-p.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10024913


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ