12Gb/秒 PCIe Gen3「Adaptec 8シリーズ」RAIDアダプタファミリ


12Gb/秒 PCIe Gen3「Adaptec 8シリーズ」RAIDアダプタファミリ


ピーエムシー・シエラ・ジャパン

Keyノート

  • 基本情報
  • 12Gb/秒 PCIe Gen3「Adaptec 8シリーズ」RAIDアダプタファミリの特長
  • 12Gb/秒 PCIe Gen3「Adaptec 8シリーズ」RAIDアダプタファミリのスペック

12Gb/秒 PCIe Gen3「Adaptec 8シリーズ」RAIDアダプタファミリ

掲載日:2013/12/19
更新日:2014/09/30


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
高密度サーバで最小のレイテンシで最大のストレージIOPSとスループットを実現し、消費電力と運用コストも削減したいユーザ
製品形態 ハードウェア
製品概要 高密度サーバに対し最大70万IOPSと6.6GB/秒のハイパフォーマンスとストレージ拡張に高い柔軟性を提供するRAIDアダプタ。
価格情報 オープン価格
サポートエリア 全国


特長


12Gb/秒

最大70万IOPSと6.6GB/秒のスループット、最大の接続性を提供


新たに内部4ポートの8405を追加した「Adaptec 8シリーズ」RAIDアダプタファミリは、PMC最新の12G ROC(RAID-on-Chip)を搭載し、12Gb/秒SAS ポートとx8 PCIe Gen3 インターフェースの組み合わせにより新世代のハイパフォーマンスを実現。LP/MD2 形状のアダプタ1枚でネイティブSAS/SATAポートが最大16個利用可能で、用途に合わせて内部と外部のポート数を選択できるため、データセンタで求められる高密度サーバにおけるストレージ構成に最大の柔軟性を提供する。

●新次元のパフォーマンス
8シリーズはシーケンシャルリードで最大6.6GB/秒、シーケンシャルライト時で最大6.2GB/秒のパフォーマンスを発揮。16台のSSDを直接接続した場合に8シリーズは70万 IOPS以上のパフォーマンスが提供可能。
※ピーエムシー・シエラ・ジャパン調べ 2014年3月

●Adaptec maxCache Plus-キャッシング及びティアリング(階層化)ソリューション
8Qシリーズ製品にはキャッシングに加えて新たにティアリング(階層化)機能もサポートする「maxCache Plus」が付属。サーバ内の任意のストレージデバイスを選択し、階層化されたストレージを柔軟に構築できる。最速ドライブをキャッシュだけでなくストレージとして使用することで最新の12Gb/秒SSDを最大限に活用し、サーバ内にあるストレージ資産のパフォーマンスと全体的な価値を最大化する。

●ゼロメインテナンスキャッシュプロテクション(ZMCP)
8シリーズでは第3世代のキャッシュプロテクションモジュールAFM-700(別売り)が利用可能。81605ZQではドーターボード回路内蔵の第4世代のZMCPを付属。

●システム構築の容易性
RAIDモードに加えて、HBAモード、シンプルボリュームモードもワンクリックでセットアップ可能。

●データセンタの高密度化に対応
1枚のアダプタで内部8+外部8ポートの接続性を提供することで、コスト削減と高密度サーバ構成のJBOD接続時に最大の帯域幅を提供する 。



+拡大
このページの先頭へ

スペック

製品名 12Gb/秒 PCIe Gen3「Adaptec 8シリーズ」SAS/SATA RAIDアダプタファミリ
(Adaptec RAID 81605ZQ、8885Q、8885、8805、8405)
メーカー ピーエムシー・シエラ・ジャパン
寸法 ロープロファイルMD2(長さ167mm × 高さ64mm)
質量 -
電源 消費電流(8405、8805、8885、8885Q、動作時):0.1A@3.3VDC/1.2A@12VDCA
消費電流(81605ZQ 動作時):1.0A@3.3VDC/1.1A@12VDCA
筐体タイプ -
プロセッサ PMC 12G RAID on Chip(ROC)
メモリ容量 1024MB(キャッシュサイズ)
内蔵ドライブ -
機能 ・maxCache Plus:キャッシング&ティアリングソフトウェア(8Qシリーズのみ)
・ゼロメインテナンスキャッシュプロテクション(ZMCP):AFM-700(8Q:標準、その他:オプション)
※以下その他特記事項へ
インターフェース ・ホストI/F:8 レーンPCI Express 3.0 (PCIe Gen3)
・ドライブI/F:12Gb/秒 SAS/SATA接続(SAS3.0)
8885Q, 8885:内部8ポート + 外部8ポート
81605ZQ:内部16ポート
8885:内部8ポート
8405:内部4ポート
OS Microsoft Windows、Red Hat Linux、SUSE Linux、Fedora、Debian Linux、Ubuntu Linux、Solaris、FreeBSD、VMware ESX
※最新Linux・オープンソースVer.別の情報は製品サイトへ
その他特記事項 【機能】
・フレキシブルコンフィギュレーション:HBAモードとAuto Volume モードによる自動構成
・512バイトセクタデバイスのほかに、4Kセクタ SAS及びSATA デバイスのサポート
・エクスパンダ使用により最大256台のデバイス接続をサポート
・RAIDレベル:0、1、1E、5、6、10、50、60

ハイブリッドRAID 1, 10
コピーバックホットスペア
オプティマイズド・ディスク・ユーティライゼーション
フォース・オン・ライン
スタッガードドライブスピンアップ
SES/SAF-TEエンクロージャ管理サポート
オンライン容量拡張
NCQ(ネイティブコマンドキューイング)
バックグラウンドでの初期化
ホットプラグドライブのサポート
RAIDレベルのマイグレーション
ホットスペア(グローバル、専用、プール)
ホットスペアの自動/手動リビルド
ストライプサイズ:初期設定時選択可能
S.M.A.R.T. サポート
ダイナミックなセクター修復

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


ピーエムシー・シエラ・ジャパン株式会社
部署名:エンタープライズストレージ事業部サーバストレージソリューションズ
住所:〒220-6209 横浜市西区みなとみらい2-3-5 クィーンズタワーC9F

備考: お問い合わせフォーム http://www.adaptec.com/ja-jp/_common/forms/raid_presales.htm


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10024801


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ