電子文書管理システム SFS(Security Filing System)


電子文書管理システム SFS(Security Filing System)


立山システム研究所

Keyノート

  • 基本情報
  • 電子文書管理システム SFS(Security Filing System)の特長
  • 電子文書管理システム SFS(Security Filing System)のスペック

電子文書管理システム SFS(Security Filing System)

掲載日:2013/12/02
更新日:2014/07/01


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
現在導入している文書管理システムに、機能や仕様、パフォーマンス面などでの不満があり、リプレースを検討中の企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 使いやすい操作性、大量の文書にも対応できる高機能の電子文書管理システム。
従来の文書管理システムに課題を持つユーザから多数のリプレース実績を持つ。
価格情報 SFSサーバライセンス:120万円(税別)
SFSクライアントライセンス:8000円(税別)
サポートエリア 全国


特長


電子文書管理

リプレース実績多数! 長く使い続けられる文書管理システム


文書管理システムは、文書や情報を蓄積・管理するだけでなく、蓄積された情報が長期間に渡って活用されてこそメリットを生み出すことができるもの。
操作が複雑で使いこなせない、文書量が増えるにつれてパフォーマンスが低下してしまった、サーバOSの変更に対応していなかったため使用継続が困難などの理由で導入しただけになってしまっては意味がない。

SFS(Security Filing System)は、従来の文書管理システムにそういった課題を抱える企業からのリプレース実績を多く持つ電子文書管理システム。

【課題】システム動作環境の変化・パフォーマンス低下
⇒64bit版のサーバOSに対応、膨大な文書にも対応できるシステム設計
SFSは、64bit版のWindows Server 2008 R2に対応。
属性情報とコンテンツを分散管理する「SFSデータベース」により、文書が大量になっても、検索レスポンスなどのパフォーマンスの低下を防ぐことができる。100万以上の文書数を管理する実績もあり。

【課題】操作性や機能に不満がある
⇒誰にでも扱いやすい操作性、導入後の運用を考慮したユーザ目線の機能を搭載
ドラッグ&ドロップで文書登録が行えるなど分かりやすい操作方法を採用し、ITに詳しくないユーザでも簡単に利用することができる。
また、「運用中のシステムでは文書の種類を追加する度に追加費用が発生する」といった不満に対しても、SFSなら「カスタムプロパティ」機能により、システム運用開始後も追加のカスタマイズ料金不要で文書の種類や属性項目を容易に追加できる。
内部統制にも対応した充実したセキュリティ機能や、ワークフロー機能も装備。

【課題】ベンダ、メーカーの対応に時間がかかる
⇒自社開発製品ならではのサポート
SFSは立山システム研究所による自社開発製品のため、サポートやカスタマイズの対応を迅速に行うことが可能。




このページの先頭へ

スペック

製品名 電子文書管理システム SFS(Security Filing System)
メーカー 立山システム研究所
クライアント側OS Microsoft Windows 7 Professional(64bit/32bit)
Microsoft Windows Vista Business(32bit)
Microsoft Windows XP Professional(32bit)
クライアント側対応プロセッサ Intel Pentium III 1GHz相当以上
クライアント側必要メモリ容量 512MB以上
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 .NET Framework:2.0以上4.0未満
ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 7.0以上
サーバ側OS Microsoft Windows Server 2008(32bit/64bit)
Microsoft Windows Server 2003(32bit/64bit)
サーバ側対応プロセッサ Intel Xeon デュアルコア2.0GHz相当以上
サーバ側必要メモリ容量 4GB以上
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 データベース:IBM DB2
Webアプリケーションサーバ:IBM WebSphere Application Server
その他特記事項 「サーバ側OS」について、他のOSをご希望の場合、ご相談下さい。

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社立山システム研究所
部署名:東京支社
住所:東京都千代田区鍛冶町1-8-3 神田91ビル6F
TEL:03-5256-0727
FAX:03-5256-0729
e-mail:sfsinfo@tateyama.or.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10024724


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ