LIFEBOOK T734/H


富士通

Keyノート

  • 基本情報
  • LIFEBOOK T734/H の特長
  • LIFEBOOK T734/H のスペック

LIFEBOOK T734/H

掲載日:2013/11/27
更新日:2013/11/29


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
1台でタブレットとPCのメリットを兼用させたいユーザ。
製品形態 ハードウェア
製品概要 ペン入力(電磁誘導方式)・タッチパネル(静電容量方式)入力に対応したコンバーチブル型タブレットPC。
価格情報 希望小売価格31万2700円〜(税別)
サポートエリア 全国


特長


タブレットPC

ペン入力・タッチパネル入力に対応したコンバーチブル型


LIFEBOOK T734/Hは、ディスプレイ部分が双方向に回転できるコンバーチブル型構造により、デスクワーク時は通常のノートPCのフォルムでキーボード入力、プレゼンテーション時はタブレット型のフォルムでペン入力や指でのタッチ入力など、用途や環境に合わせてフォルムの変更できるタブレットPC。

●広視野角対応の高画質大画面12.5型HD液晶を採用
広視野角対応により、見る位置や角度によって色合いやコントラストが変わることなく、隅々まで鮮明な画像表示が可能。プレゼン時など、複数人数を対象としたケースでも、ユーザごとの見え方に差異が生じにくい。

●指での直感的な操作が可能な静電容量方式タッチパネルを採用
10点マルチタッチに対応。専用ペン(電磁誘導方式)による操作も可能。(標準添付)

●多彩なセキュリティ機能
指紋センサ、セキュリティボタンを標準搭載。更に、セキュリティチップ、スマートカードスロットを搭載可能。「暗号化機能付HDD/フラッシュメモリディスク」の搭載にも対応。

●ユーザビリティへの配慮
電源OFF時の待機電力を限りなくゼロに近づけるECO Sleep対応ACアダプタ選択可能。また、バッテリ情報の表示や消耗状態が計測可能なバッテリユーティリティ搭載。全容量の80%で充電をストップすることにより、電池寿命を約1.5倍に延ばすことも可能。

●高い拡張性
USB3.0ポート×1、USB2.0ポート×2を搭載しており、ポートリプリケータ使用時には最大5ポートの利用が可能。更に、カスタムメイドでスーパーマルチドライブの搭載も選択可能。


※ 動作環境・使用方法により変動。「80%充電モード」有効時のバッテリ駆動時間は無効時の約8割。

このページの先頭へ

スペック

製品名 LIFEBOOK T734/H
メーカー 富士通
寸法 W316×D233×H30.4〜35.3mm
質量 約1.81kg
電源 ACアダプタ
形状 など コンバーチブル型タブレットPC
プロセッサ インテル Core i5-4300M プロセッサー(最大3.30GHz)
メモリ容量 標準4GB(オンボード)/最大12GB
内蔵HDD 320GB(5400rpm、Serial ATA)

※カスタムメイド
500GB(5400rpm、Serial ATA)
ハイブリッド320GB(5400rpm、Serial ATA)
暗号化機能付HDD320GB(5400rpm、Serial ATA)
暗号化機能付フラッシュメモリディスク128GB
その他ドライブ カスタムメイドでスーパーマルチドライブ追加可能
ディスプレイ 12.5型HD(1366×768)
LANインターフェース 有線LAN
無線LAN(IEEE 802.11n/11a/11b/11g準拠、5GHz帯チャンネル:W52/W53/W56、Wi-Fi準拠)
その他インターフェース USB3.0×1、USB2.0×2、Bluetooth
バッテリ リチウムイオンバッテリ 72Wh
OS プリインストールOS:Windows 8.1 Pro(64bit)
その他適用可能な搭載OS:Windows 7 Professional(64bit/32bit)(SP1)
その他特記事項 インテルvProテクノロジー対応可能(セキュリティチップ及びvPro対応無線LAN選択時)

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


富士通株式会社
TEL:0120-959-242 (購入相談窓口:受付時間9:00〜19:00)

備考: URLは富士通製品情報ページ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10024701


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ