SecureSphere Web Application Firewall


Imperva Japan

Keyノート

  • 基本情報
  • SecureSphere Web Application Firewallの特長
  • SecureSphere Web Application Firewallのスペック

SecureSphere Web Application Firewall

掲載日:2013/11/29
更新日:2016/06/01


企業規模 大企業・中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
急増するWebアプリケーションを標的にした攻撃から、自社の重要なデータ、資産などを保護したい企業。
製品形態 ハードウェア
製品概要 複数のセキュリティ・エンジンとWeb防御手段を組み合わせることで、オンラインでの脅威からビジネス・アプリケーションやデータを的確に保護するFirewallアプライアンス。
価格情報 340万円〜 (税別)
サポートエリア 全国


特長


Firewall

3つの調査すべてで3年連続国内シェアNo.1のWAFアプライアンス!


SecureSphere Web Application Firewall(WAF)は、3年連続国内シェアNo.1(※)。AWSにも対応!
(※)富士通キメラ総研 「2013 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧:Webアプリケーションファイアウォール 2012年度」(2013年9月)
  ミック経済研究所 「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2013:2012年度」(2013年5月)
  アイ・ティ・アール 「ITR Market View:セキュリティ市場2013:WAF市場2012年度」(2013年8月)


アプリケーションとユーザ挙動を自動学習
Webセキュリティを極力自動化。独自技術を駆使し、保護対象のアプリケーションをプロファイル。ユーザ挙動の基準を作成しアプリケーションの構造と構成要素、ユーザ挙動を自動学習。これによりアプリケーションURL、パラメータ、Cookieなどを手作業で設定、更新する必要がなくなり、管理負荷は大幅に軽減。

最新の脅威や未知の脅威へも対応
世界的なセキュリティ研究機関「Imperva Application Defense Center」の研究成果に基づくシグニチャとポリシーを搭載。常に最新のポリシーやシグネチャが提供され、攻撃に対する最新の防御を実現。

バーチャル・パッチ機能で攻撃時間の短縮を実現
既存診断システムから結果をインポートし、脆弱性に素早くパッチを適用。脆弱性をブロックするためのカスタム・ポリシーを自動作成。バーチャル・パッチは、攻撃にさらされる時間を短縮し、緊急修正にかかるコストを削減。

Amazon Web Services(AWS)に対応したSecureSphere Web Application Firewall for AWSが登場
AWS上のアプリケーション保護に特化したエンタプライズ・クラスのWAF。AWS上でネイティブに動作し、その機能を活用することで、AWS アプリケーションと同様に自動スケーリングを行う。

関連製品「SecureSphere データベース・セキュリティ」との連携で、PCI DSSの監査とアクセス制御に関する要件にも対応。




このページの先頭へ

スペック

製品名 SecureSphere Web Application Firewall
メーカー Imperva
寸法 【X2500】443(幅)×512(奥行)×88(高さ)mm
【X1010/X2010】443(幅)×406(奥行)×44(高さ)mm
質量 【X2500】22.9kg
【X1010/X2010】6.4kg
電源 100-240V 50-60Hz
筐体タイプ アプライアンス(19インチ・ラックマウント、1Uタイプ-X1010/X2010、2Uタイプ−X2500)
プロセッサ -
メモリ容量 -
内蔵HDD 【X2500】2hot-swap 500GB
【X1010/X2010】1TB
その他ドライブ DVD-ROM
セキュリティ機能 Web/HTTPS/XMLの脆弱性
SQLインジェクション
クロスサイトスクリプティング
クロスサイトリクエストフォージェリ
ステートフルファイアウォール
IPS
対応プロトコル HTTP/HTTPS
ポリシー数 -
スループット 【X2500】500 Mbps、2万2000 HTTPトランザクション/秒
【X1010】100 Mbps、8000 HTTPトランザクション/秒
LANインターフェース 【X2500】
10M/100M/1Gビット/秒イーサネット × 6ポート(※1)
【X1010】
1Gビット/秒イーサネット × 6ポート(※2)
その他インターフェース -
OS -
その他特記事項 (※1) うち2ポートが管理用。通常は銅線だが、データ通信用の4ポートはオプションで光ファイバも選択可能。
(※2) うち2ポートが管理用、4ポートがデータ通信用。銅線のみ。

仮想アプライアンス「V Series (VMware)」も用意。

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社Imperva Japan
住所:〒104-0031 東京都中央区京橋2-7-14 ビュレックス京橋 211
TEL:03-6263-0671
e-mail:info_jp@imperva.com


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10024630


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > WAF > WAFの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ