基幹系プリントソリューション


日立ソリューションズ

Keyノート

  • 基本情報
  • 基幹系プリントソリューションの特長
  • 基幹系プリントソリューションのスペック

基幹系プリントソリューション

掲載日:2013/10/31
更新日:2015/03/01


企業規模 大企業・中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
業務システムの開発や運用に携わる情報システム部門。
帳票出力にかかる運用負荷とコストを削減したい企業。
製品形態 ソリューション・その他
サービス
概要
業務システムからの帳票出力において、コンサルティングからシステム導入、構築までを支援。スマートフォン・タブレットなどスマートデバイスからの帳票印刷にも対応。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


コスト削減

帳票出力を最適化!スマートデバイスからの帳票印刷にも対応!


基幹系プリントソリューションとは、企業が抱える帳票の開発・印刷・保管などに関する課題を解決し帳票運用を最適化、コスト削減を実現するソリューション。プリンタや帳票ツールの総合的な製品知識やこれまで培ったプリント運用ノウハウを生かし「ヒアリング/現状分析/最適化/構築・実装」までをトータルに支援する。

帳票出力における様々な課題を解決!

レガシーマイグレーション・プリンタオープン化
「メインフレームでのプリントシステムを誰でも操作できるようオープンシステムへ移行したい」「ホストプリンタはハード費が高額」という課題を持つ企業へコスト・リスクを抑えたスムーズなマイグレーションを提案。オープンシステムや小型プリンタへの移行により運用改善・コスト削減を実現。

プリントリプレース(移行)
「リース切れ・老朽化にともないプリンタをリプレースしたい」「現状の帳票の印刷イメージは再現したい」といった要望を持つ企業には最適な帳票ツールを適用し既存プリンタから最新プリンタへの移行、帳票の電子化など運用改善や、移行コストを抑えた最適な移行方針を提案。

帳票運用最適化・共通基盤構築
「複数の業務システムから出力される帳票を一括管理したい」「帳票の仕分けを自動化し、仕分けにかかるコストを抑えたい」など帳票運用に関する課題にも対応。帳票システム基盤の構築、共通化、更には帳票の電子化、管理方式、帳票データ活用までをコンサルティングし、提案、構築までを実施。

モバイル環境からの印刷にも対応!

スマートフォンやタブレットなどスマートデバイス向けのプリンタ共通基盤をモバイルプリントサーバ上に構築。業務システムやプリンタの種類を問わず、スマートデバイスから複合機やモバイルプリンタなど、Windows対応のプリンタへの帳票出力を可能にする。各業務システムの改修やスマートデバイス用のプリントアプリケーションの開発は不要で、企業の費用負担を軽減。




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) 基幹系プリントソリューション
サービス提供会社 日立ソリューションズ
サービスメニュー(提供可能な製品群) 【基幹系プリントソリューション提供内容】
・相談・提案支援
・外部設計支援
・詳細設計・環境構築支援
・移行・テスト支援
動作環境 -
オプションサービス -
その他特記事項 ▼帳票の紙出力や電子化など多様な出力形態に対応
・メインフレームと同様の大量印刷をオープン環境で実現することによる運用の改善やコスト削減
・拠点プリンタへの直接印刷方式への変更による、仕分け・配送コスト削減
・大型プリンタの小型化による投資コスト、印刷コストの削減
・印刷物の外注化(アウトソーシング)によるコスト削減
・電子帳票システムへ対応し、帳票保管の自動仕分けによるコストの削減
・帳票のWeb参照方式へ変更し、帳票配布管理や回覧などによる紛失防止
・業務システムからの自動FAX配信による作業軽減
・タブレット/スマートフォン環境へ印刷環境の提供、印刷のモバイル化による作業効率の向上

▼取扱い製品
・EUR、XMAP3、PRINT DATA EXCHANGE、活文 Report Manager、SVF、BSP-RM、Prinfina MANAGERシリーズなど

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社日立ソリューションズ
住所:〒140-0002 東京都品川区東品川4-12-7


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10024616


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 帳票管理システム > 帳票管理システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ