Blue Coat WebFilter


マクニカネットワークス

Keyノート

  • 基本情報
  • Blue Coat WebFilterの特長
  • Blue Coat WebFilterのスペック

Blue Coat WebFilter

掲載日:2013/12/18


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
●マルウェア対策としてWebフィルタリングを実施したい企業
●マルウェアのダウンロードやWeb上の脅威をブロックしたい企業
製品形態 ハードウェア
製品概要 高セキュリティ・簡単な運用・ハイパフォーマンスを実現するBlue Coatのプロキシアプライアンス製品「ProxySG」上で動く高セキュアなWebフィルタリング
価格情報 オープン価格
サポートエリア 全国


特長


Web脅威対策

標的型攻撃を防御!セキュリティ機能充実のWebフィルタリング


■マルネットの監視を実施
Blue Coat社は攻撃元となるマルウェアのソースを監視しており、疑わしいサイトが攻撃を開始する前からブロックする。マクニカネットワークス社で実施したC&Cサーバへのアクセスブロックの結果では、約2000の攻撃を仕掛けるURLに対して98%のブロックを実現している。
【POINT!】シグネチャベースの脅威対策では防御できない脅威をブロック可能

■7500万ユーザが利用するURL評価システム
Blue Coat社のURL評価システム『WebPulse(ウェブパルス)』は、全世界のBlue Coatの利用者により、実際のアクセス情報に基づくデータベースを形成している。未知のURLに対しては、リアルタイムにURLを解析し、データベースを拡充。WebPulseでは1日に10億のURLを評価しており、日々のURL情報の更新によりBlue Coatユーザで築く共同防衛策を実現する。
●全世界のBlue Coatユーザで築くマルネットに対する共同防衛
●充実した日本語Webページとグローバル対応(54ヵ国語以上)
●リアルタイムレピュテーションにより1日10億のURL情報を解析

■5分に1度、更新を実施
Blue Coat社はURLを84のカテゴリに分類し、1日に10億ものURL評価を実施しているが、中でもセキュリティのカテゴリに対しては、5分ごとにURL情報のアップデートを実施。ユーザは常に最新のURL情報でWebアクセスをセキュアに保つことができる。
●Blue Coatが用意するセキュリティカテゴリ
・Hacking
・Malicious Outbound Data/Botnets
・Malicious Sources/Malnets
・Phishing
・Spam
・Suspicious

■感染の可能性があるユーザを検知するレポートソリューション
Blue Coat WebFilterを利用すれば、マルウェアサイトへアクセスしているユーザの検知が可能。アクセスログを確認することで感染の可能性があるユーザを隔離し、クリーンナップできる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 Blue Coat WebFilter(下記はSG900)
メーカー Blue Coat
寸法 1U 19インチラック対応
43(高さ)×433(幅)×595(奥行)mm
質量 約18kg
電源 AC電源 100〜240V、50〜60Hz、6.0〜3.0A
ホットスワップ可能
(冗長電源オプションを別途購入)
筐体タイプ -
プロセッサ -
メモリ容量 8GB
内蔵ドライブ 2×1TB SAS
機能 Webフィルタ
アンチウイルス連携
アクセスログの記録、転送
インターフェース 2ポート 1000Base-T(バイパス付き)
2ポート 1000Base-T(バイパスなし)
SSLカード

オプションNICs:4ポート 1000Base-T(カッパー)
4ポート 1000Base-SX(ファイバ)
OS -
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


マクニカネットワークス株式会社
部署名:Blue Coat 製品担当
TEL:045-476-2010
e-mail:bluecoat-sales@cs.macnica.net


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10024451


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ