IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 基幹系システム > ERP > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
製品レポートの使い方

VPortSuper(ヴイポートスーパー)


内田洋行ITソリューションズ西日本

Keyレポ

  • 基本情報
  • VPortSuper(ヴイポートスーパー)のケーススタディ
  • VPortSuper(ヴイポートスーパー)の特長
  • VPortSuper(ヴイポートスーパー)のスペック

VPortSuper(ヴイポートスーパー)

掲載日:2013/10/23 更新日:2014/03/19

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
複数通貨使い分けや為替差損益の算出などをExcelや手作業で行っているため、業務効率が悪かったり、業務が俗人化している企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 煩雑な貿易業務を管理するソフトウェア。「スーパーカクテル」などERP/基幹業務システムとの連携が可能で、輸入モデル/輸出モデルが用意されている。
価格情報 価格は会員限定の情報となります。
会員登録(無料)
サポート
エリア
中部・北陸/近畿

会員限定で「VPortSuper(ヴイポートスーパー)」の続きが読めます

VPortSuper(ヴイポートスーパー)」の製品特長、価格、スペックを紹介。
会員限定情報として、「VPortSuper(ヴイポートスーパー)」では、以下の内容を紹介しています。

INDEX

販売や会計はシステム管理しているのに貿易管理は手作業のまま?

ケーススタディ

課題1:ドキュメントは手書きやWord/Excelで!非効率で共有化もできず

課題2:複数通貨の小数点を使い分けなど、通貨管理が大変!

課題3:原価の把握や為替差損益を算出するのは時間がかかる

特長

連携:スーパーカクテルとの連携で基幹システムに貿易管理機能を追加

文書作成:煩雑なドキュメントの作成作業を効率化!英文での入力も

外貨決済:複数通貨の管理や為替差損益の算出も

更なる詳細は資料ダウンロードで!

続きを読むには・・・

会員登録すると、「VPortSuper(ヴイポートスーパー)」の資料請求が簡単に!さらに価格情報が掲載され、「VPortSuper(ヴイポートスーパー)」を入れた比較表も作れる!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

無駄な投資なく競争力を強化できる「業種特化型ERP」とは 【日立ソリューションズ】 原価管理システム AMMIC/NetC 【電通国際情報サービス】 Plaza-i:海外進出企業向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】
ERP ERP ERP
商社・卸業の業績拡大にはERP活用が必須だ。しかし導入に失敗した、運用コストが膨らみ続けたといった経験はないだろうか。業種特化型ERPが従来の課題を解消に導くだろう。 標準原価、実際原価など、製造業に不可欠な6種の原価管理機能を搭載したERPパッケージ。予算原価シミュレーション、発生要因別の原価差異分析など、様々な原価分析に対応。 多通貨、バイリンガル表示・出力、複数会社管理、複数会計基準に標準対応した、ライセンス料金を気にせず事業会社がいくつでも追加できるERPパッケージ。【直販のみ】

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

VPortSuper(ヴイポートスーパー)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「VPortSuper(ヴイポートスーパー)」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10024434


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ