Remote TestKit


エヌ・ティ・ティ レゾナント

Keyノート

  • 基本情報
  • Remote TestKitの特長
  • Remote TestKitのスペック

Remote TestKit

掲載日:2013/09/27
更新日:2014/01/15


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
・スマホの検証(Web、アプリ)に課題のある方
・検証端末の購入が負担な方
・ユーザ問合せの際に端末がなく困っている方
製品形態 ソリューション・その他
サービス
概要
スマートフォンの検証をPCで。200台以上のスマホ、タブレットを手元のPCからリモート操作。端末はエヌ・ティ・ティ レゾナントが用意。使いたい時に使いたいだけ利用可能。
価格情報 ●チケットプラン:1時間900円〜
●使い放題プラン:5万円/月〜
●月額プラン:8100円/月〜
※パッケージ版もございます
※税抜
サポートエリア 全国


特長


動作検証

スマホ実機へのリモートアクセスで、簡単かつ正確な検証を可能に


●200台以上の端末へ、手元のPCから簡単アクセス
「Remote TestKit」は、データセンタに設置されたAndroid/iOS端末実機をリモートでレンタルできる、スマートフォンの実機検証サービスだ。実機そのものをレンタルするのではなく、インターネット経由で手元のPC(クライアント)を介して利用するため、必要な時に、必要な端末を、必要な台数だけレンタルすることができる。

●3つの導入メリット
1. 端末購入コストの削減
Remote TestKitを利用すれば、1台の端末を複数のロケーションから利用できるため、同じ社内で同じ端末を何台も購入するといった無駄をなくし、端末管理のコスト削減が可能。また、レンタル端末は国内外を含む豊富な機種が用意されており、最新機種も発売後約2週間で利用できる。

2. テスト自動化による検証稼働の圧縮
画面キャプチャや動画録画などの簡易エビデンス生成のほか、adbシェル、DDMS、Eclipseといった開発ツール/開発統合環境なども利用可能。スマートフォン・ネイティブアプリUIテストツール「NativeDriver」などの検証ツールともシームレスに接続できる。PCとの連携やテストの自動化を行うことで、大幅なタイムコスト圧縮が期待できる。

3. 実機確認による品質向上
エミュレータでは事象の再現に限界があるが、実機を利用しているためにバグやデザインの崩れも完全に再現。突然のユーザからの問い合わせで社内に端末がない場合でも安心。端末へのリモートアクセスは、独自技術をベースにしており、ユーザは専用のクライアントソフトウェア上で、高速で滑らかな画面表示が可能。Windows 8のタッチパネルで操作すれば、より実機に近い形で利用できる。

●Enterprise版で高機能カスタマイズ
個別企業向けにカスタマイズし、パッケージ提供するRemote TestKit Enterpriseも用意。SaaS版ではできなかった端末の占有や、制限された機能の利用も可能で、自社のためだけの特別な検証環境を構築できる。




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) Remote TestKit
サービス提供会社 エヌ・ティ・ティ レゾナント
サービスメニュー(提供可能な製品群) Remote TestKit SaaS版
Remote TestKit Enterprise(パッケージ導入版)
動作環境 Windows XP SP2以降、Vista、7、8(32bit/64bit)
Mac OS X(10.7、10.8)
Port 443に直接つながることが可能なインターネット環境
オプションサービス ※Enterpriseのみ
・年間サポート
・初期設計・構築
・必要に応じた製品カスタマイズ
・各種周辺機器の販売
 −Wi-Fi安定箱
 −特殊USB HUB
 −簡易ボックス
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


エヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社
部署名:サーチ事業部 ビジネス推進部門
住所:東京都港区芝浦3-4-1 グランパークタワー
TEL:03-6703-6006
FAX:03-5476-2687
e-mail:developers-sl@nttr.co.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10024376


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ