マスタデータマネジメントシステム 「eBASE」


マスタデータマネジメントシステム 「eBASE」


eBASE

Keyノート

  • 基本情報
  • マスタデータマネジメントシステム 「eBASE」の特長
  • マスタデータマネジメントシステム 「eBASE」のスペック

マスタデータマネジメントシステム 「eBASE」

掲載日:2013/08/30


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
各種マスタ管理の統合と活用を進めたい企業。 開発負荷を軽減しつつ短期間での運用を実現し、合理化と競争力の強化を狙う企業。
製品形態 ソリューション・その他
サービス
概要
マスタ所管部門の、所管部門による、所管部門のための「業務改善システム」を情報システム部門支援で構築可能にする、投資対効果の高いマスタデータマネジメントシステム。
価格情報 eBASEserver
ソフトウェア販売価格 100万円〜
ライセンス&サポート費 20万円 (年間)〜 ※税別
サポートエリア 全国


特長


マスタ管理

様々なマスタ管理ニーズに応える【MDM eBASE】


eBASEが構築する統合商品情報データベースは、業界や規模を問わず、所管部門が抱える業務に密着した商品マスタ管理と基幹系システム間のマスタ連携を実現する。システム業務ごとに特化したマスタ情報が散在し、システム連携が複雑となり更新負荷が高まるといった課題が生じている企業グループや、基幹系システムごとでアプリケーションに適合したマスタ管理が求められている企業などへ最適の商品情報データベースインフラ環境を提供する。

マスタデータマネジメントシステム【MDM eBASE】は、情報システム部門が主導する複数の基幹系システム(ERPなど)のマスタ統合管理を実現しつつ、 同時に様々なマスタ所管部門の業務改善を含めたトータルマスタデータマネジメントソリューションとして、発展的に活用できる。

eBASEの特長を活かしたシステム開発
マルチメディアコンテンツ管理機能
画像、文字、CAD、映像、Officeデータなど、様々なマルチメディアコンテンツをタグ付きで登録・管理・出力が可能。また、企業間でのデータ交換機能も有する。
フレキシブルなデータ構造とノンプログラミング開発環境
各種マスタ(商品、顧客など)のレコード構造(項目)は属するカテゴリ別に異なり、カテゴリの種類と同じ数のデータベース構造定義が柔軟に設定可能。また、利用現場の多様なニーズにタイムリーに対応すべくフレキシブルに改変が可能で、これらを実現するノンプログラミング開発ツールも取り揃えている。
リッチなマスタ情報を様々な他システムと連携運用(MDM)
各種マスタデータは、社内のプリント系アプリ利用や印刷データ・Webコンテンツ連携、または基幹系システムのマスタデータマネジメントとして利用可能だ。




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) マスタデータマネジメントシステム 「eBASE」
サービス提供会社 eBASE
サービスメニュー(提供可能な製品群) 【ミドルウェア】
eBASEミドルウェア(ノンプログラミング開発ツール)
マスタデータマネジメントシステム(MDM)
コンテンツマネジメントシステム(CMS)

【業界専用ソフトウェア】(商品MDM)
FOODS eBASE
GOODS eBASE
GREEN eBASE
動作環境 Windows Server 2008、Windows Server 2012
オプションサービス ●サーバオプション
Webブラウザ(スマートフォン、タブレット)対応、承認ワークフロー、ユーザアクセス制御、Excel帳票出力、Excelデータ自動登録
●クラウド利用サービス
●スマートフォン画像登録アプリ(iOS/Android)
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


eBASE株式会社
住所:〒531-0072 大阪市北区豊崎5-4-9 商業第二ビル
TEL:06-6486-3915
FAX:06-6486-3956
e-mail:info@ebase.co.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10024233


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ