RSA Archer eGRC Platform


EMCジャパン

Keyノート

  • 基本情報
  • RSA Archer eGRC Platformの特長
  • RSA Archer eGRC Platformのスペック

RSA Archer eGRC Platform

掲載日:2013/07/16


企業規模 大企業 向け
オススメ
ユーザ
リスク管理やコンプライアンス対応に関連する別々の活動を統合、優先度に基づく統合的なインシデント管理を実施したい企業。
製品形態 ソリューション・その他
サービス
概要
個別に管理されている情報を統合し一元化することで情報の透明性や活用効率を向上し、企業レベルでのリスク管理やコンプライアンス対応を支援する管理プラットフォーム。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


GRC

企業レベルの管理活動に関わる情報の一元化と透明性の向上


これまで各部門で実施されていたリスク管理やコンプライアンス対応が、事業推進における事業継続性確保の観点からも、企業全体で実施すべき課題となってきている。しかしながら、部門ごとの個別活動による情報の分散、また実施についても人手による人海戦術が主流で、部門間連携も含め、多大なリソースと時間がかかり非効率となっている。またリスクの大きさや影響度により、どの対応を優先すべきかについての共通となる評価指標がないという問題もある。 

RSA Archer eGRC Platformを活用すれば、分散している情報の一元化により透明性を高め、可視性を向上させることができる。更に、共通のプロセスや判断基準による部門間連携と対応優先度の判断を容易にし、管理活動の効率性を高め、企業全体のリスクやコンプライアンス状況の全体像の把握を実現可能。
 
また、RSA Archer eGRC Platformをベースに、9種類の管理ソリューション RSA Archer eGRC Solutionsが提供されており、ポリシー管理、リスク管理、コンプライアンス管理、エンタープライズ管理、インシデント管理、脅威管理、ベンダ管理、事業継続管理、監査管理に対応し、以下に示すような効果を実現する。
 
- 規制監査の対応準備や監査実施におけるコスト削減
- 最優先リスクの迅速な把握と対応の短縮
- 新しい規制に対する順守を証明するまでの時間の短縮
- プロセス、情報、システムの統合による運用コストの削減
- 事業担当者や外部取引先間のポリシー、目標、責任範囲に対する認識の向上




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) RSA Archer eGRC Platform
サービス提供会社 EMCジャパン
サービスメニュー(提供可能な製品群) 【RSA Archer eGRC Solutions】
Enterprise Management
Policy Management
Risk Management
Compliance Management
Incident Management
Threat Management
Vendor Management
Business Continuity Management
Audit Management
動作環境 お問い合わせ下さい
オプションサービス On Demand Application(Platform上で独自アプリケーションを開発する場合)
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


EMCジャパン株式会社
部署名:RSA事業本部
住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-3-1 東京銀行協会ビルヂング


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10024132


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ