海外拠点統合管理システム「GLOBAL EYES」


海外拠点統合管理システム「GLOBAL EYES」


ビーブレイクシステムズ

Keyノート

  • 基本情報
  • 海外拠点統合管理システム「GLOBAL EYES」の特長
  • 海外拠点統合管理システム「GLOBAL EYES」のスペック

海外拠点統合管理システム「GLOBAL EYES」

掲載日:2013/06/03
更新日:2013/12/31


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
海外拠点の財務状況を把握・分析できる体制や、内部統制を強化・確立したい海外進出企業。
製品形態 ASP・SaaS
サービス
概要
現地言語・通貨で処理された会計データを取り込み海外拠点の財務状況を把握・分析したり、現地での物品購買や重要稟議を本社や統括会社で管理できるクラウド型システム。
価格情報 1拠点につき4万円〜
※税別
※別途初期導入費用が必要。
サポートエリア 全国


特長


クラウド

海外拠点の財務状況の見える化、内部統制の確立


GLOBAL EYESは、海外拠点の財務状況の把握・分析や内部統制の強化・確立などを可能とするクラウド型海外拠点統合管理システムだ。

グローバル企業にとっての最優先課題は、現地で収益を上げることである。このため海外拠点の管理や内部統制は二の次になりやすく、(1)現地の財務状況がブラックボックスになりがち、(2)現地での物品購買が把握できず不正のリスクがある、(3)本社から現地の財務を把握しなければならず事務コストがかかる、などの課題や懸念事項があった。

GLOBAL EYESはこれらを解決するために開発されたもので、 (1)現地の財務状況を適切に把握・分析できる体制を確立(2)現地の物品購買プロセスを管理することで内部統制を強化(3)システム化によって事務コストを削減、を実現することが可能だ。

●海外拠点管理に必要な機能をオールインワンで提供
GLOBAL EYESは、業務領域ごとに別々なシステム/サービスになっていることが多い購買管理会計データ連携・連結会計支援グローバル情報共有などをモジュール化してオールインワンで提供。現地言語、現地通貨で処理されたローカル会計システムのデータ(個別伝票)を取り込んで総勘定元帳や残高試算表を作成し、ドリルダウンで各拠点の財務状況を把握できるほか、購買申請・承認ワークフローを構築して海外拠点からの物品購入申請や重要稟議を本社側で確認・承認できる。文書やスケジュールなどの業務情報をグローバルに共有することも可能だ。

●初期費用が安く、同一情報へ世界各地からアクセス可能
GLOBAL EYESは月額課金方式のSaaSで提供されるため、初期費用を安く抑えることが可能。Webブラウザのみで使用できるためクライアントアプリケーションの配布は不要で、世界各地から同一情報へのアクセスを実現している。




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) 海外拠点統合管理システム「GLOBAL EYES」
サービス提供会社 ビーブレイクシステムズ
動作環境 -
提供エリア 全国
オプションサービス -
その他サービス -
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社ビーブレイクシステムズ
住所:〒141-0031 東京都品川区西五反田2-19-3 五反田第一生命ビル
TEL:03-5487-7855
e-mail:product@bbreak.co.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10023717


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ