Enterprise Imaging Platform


キヤノンITソリューションズ

Keyノート

  • 基本情報
  • Enterprise Imaging Platformの特長
  • Enterprise Imaging Platformのスペック

Enterprise Imaging Platform

掲載日:2013/06/28


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
●紙文書や外部証憑などを既存システムの情報に紐づけて管理したい企業
●データ入力業務、紙文書の手作業を簡素化したい企業
製品形態 ソリューション・その他
サービス
概要
基幹系・情報系等の各種システムと複合機(イメージデバイス)を連携。紙も含めた文書管理を一元化することで、業務効率化に貢献する。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


イメージ処理

ドキュメントやイメージデータのハンドリングを自動化


Enterprise Imaging Platformは、ドキュメントやイメージデータのハンドリングを自動化できるSOAベースの開発プラットフォームだ。複合機やFAXなどのイメージング機器と社内システムを連携させ、その間の処理をWebサービスでつなぐことで、人手で行わなくてはならなかった煩雑な作業を自動化して業務処理を効率化できるほか、全体最適を考慮した業務システムを構築できる。

●ドキュメントやイメージデータのハンドリングを自動化して処理時間を短縮
Enterprise Imaging Platformは、複合機やFAXなどのイメージング機器で取り込んだイメージデータをOCR処理して帳票に記帳し、更にその帳票データをFAXで送信するなど多彩なイメージ処理機能を搭載。これらの機能を活用することで、データ入力やFAX送信など人手で行わなくてはならなかった作業を自動化し、処理時間を短縮できる。

●システムで管理している情報とドキュメントを紐づけて一元管理
Enterprise Imaging Platformは、社内システムで管理している情報とスキャンした電子ドキュメントやコンピュータで作成したドキュメントファイルを紐づけて管理できる。このため、保管義務のあるドキュメントを漏れなく管理することができ、内部統制を強化できる。

●業務変化に柔軟に対応
Enterprise Imaging Platformは、イメージング機器の制御やOCRなどの各種処理をアダプタとして標準搭載し、アダプタを組み合わせてシステムを構築するSOAの概念で設計されている。アダプタの実行順序を効率よく設計できるBPELエンジンを備えており、GUIでプロセス設計できるため、業務変化に柔軟に対応できるシステム環境を実現できる。




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) Enterprise Imaging Platform
サービス提供会社 キヤノンITソリューションズ
サービスメニュー(提供可能な製品群) -
動作環境 -
オプションサービス -
その他特記事項 ※スペックの詳細についてはお問い合わせ下さい。

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


キヤノンITソリューションズ株式会社
部署名:プロダクトソリューション事業本部 EDIソリューション事業部 EDPソリューション部
住所:〒140-8526 東京都品川区東品川2-4-11 野村不動産天王洲ビル
TEL:03-6701-3457
FAX:03-6701-3461


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10023689


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ