クラウド型人事・給与・就業ソリューション POSITIVE on CLOUDiS


クラウド型人事・給与・就業ソリューション POSITIVE on CLOUDiS


電通国際情報サービス

Keyノート

  • 基本情報
  • クラウド型人事・給与・就業ソリューション POSITIVE on CLOUDiSの特長
  • クラウド型人事・給与・就業ソリューション POSITIVE on CLOUDiSのスペック

クラウド型人事・給与・就業ソリューション POSITIVE on CLOUDiS

掲載日:2013/03/31
更新日:2013/06/01


企業規模 大企業・中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
IT資産を保有することなく、初期コストを抑えて人事・給与・就業管理システムの導入、リプレースを行いたい企業。
製品形態 ASP・SaaS
サービス
概要
人事・給与・就業を対象としたクラウドサービス。従来からパッケージで提供している「POSITIVE」を自社運用し、子会社ではクラウドを活用するハイブリッド導入も可能。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


中堅企業でも

大手向きパッケージ「POSITIVE」の機能をそのままクラウドで提供


「POSITIVE on CLOUDiS」(ポジティブ オン クラウディス)は、大手企業向け人事・給与・就業パッケージ「POSITIVE」をPaaSやSaaSの形態で提供するクラウドサービス。人事・給与・就業管理だけでなく、人材育成支援やグループ会社管理など大規模な企業で必要とされる機能を持っている。

特長1 実績豊富なエンタープライズ向けの高機能パッケージ「POSITIVE」同様の機能
「POSITIVE」は人事・給与・就業に加え、従業員向けのWebサービスも含めた4つのモジュールから構成される製品であるため、例えば「就業管理モジュールによる勤怠情報を、給与管理モジュールへとスムーズに連携させる」といったデータ連携が可能。

また、持株会社制の拡大により、グループ企業など複数の企業の人事関連データを統合して管理したいというニーズが高まっているが、マルチカンパニーの管理にも対応しているため、制度・運用が異なる複数企業を1つのシステムで管理できる。

特長2 「拡張性」や「初期コスト抑制」など、クラウドならではのメリット!
「社員の増員が見込まれるケースも、増員にあわせて必要なインフラやライセンスを増やせる」「初期投資のコストを抑えたスモールスタートが可能」「バージョンアップやアプリケーションのパッチ適用、システム監視など、システム運用に関する様々な負荷低減」といった、クラウドならではのメリットを有している。

特長3 PaaS版とSaaS版の選択が可能
インフラのみを電通国際情報サービスがクラウド形式で提供し、「POSITIVE」については導入企業側でライセンス購入する『PaaS版』と、インフラも「POSITIVE」も電通国際情報サービス側ですべて提供する『SaaS版』からの選択が可能。

更に大規模な親会社は、従来から提供しているパッケージ版「POSITIVE」を自社運用し、規模の小さい子会社では「POSITIVE on CLOUDiS」を活用…といったハイブリッドでの導入も可能になっている。




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) クラウド型人事・給与・就業ソリューション POSITIVE on CLOUDiS
サービス提供会社 電通国際情報サービス
動作環境 ●クライアント動作環境
Windows 7 / Windows Vista Business / Windows XP Professional
Excel 2010 / 2007 / 2003
Internet Explorer 8.0 / 7.0 / 6.0
提供エリア 全国
オプションサービス パッケージ版「POSITIVE」とのハイブリッド導入や、給与アウトソーシングを組み合わせたサービス「POSITIVE on CLOUDiS with BPO」の提供も可能。
その他サービス -
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社電通国際情報サービス
住所:〒108-0075 東京都港区港南2-17-1
TEL:03-6713-9123


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10023522


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ