HDD 暗号化ツール「SecureDoc Disk Encryption」


HDD 暗号化ツール「SecureDoc Disk Encryption」


クロス・ヘッド

Keyノート

  • 基本情報
  • HDD 暗号化ツール「SecureDoc Disk Encryption」の特長
  • HDD 暗号化ツール「SecureDoc Disk Encryption」のスペック

HDD 暗号化ツール「SecureDoc Disk Encryption」

掲載日:2013/03/31
更新日:2015/04/01


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
ノートPCやHDD、エンドポイントメディアなどの紛失・盗難による情報漏洩の対策を検討している企業や部門
製品形態 ソフトウェア
製品概要 米国防総省で標準採用されているHDD丸ごと暗号化ソリューション。情報漏洩対策としてHDDや外部メディアの情報を保護する強力なエンドポイントセキュリティ製品。
価格情報 1ライセンス:1万5000円(税別)〜
サポートエリア 全国


特長


丸ごと暗号化

エンドポイントセキュリティもカバーする、暗号化ソリューション


SecureDoc Disk Encryptionは、クライアントPCの起動制御、ハードディスク(HDD)暗号化を行い、紛失や盗難といった事故から起こる情報漏洩を未然に防ぐHDD暗号化ツール。HDDを丸ごと暗号化するため、ディスク内のすべての情報を守ることができ、企業の個人情報保護などのセキュリティを確保する。

●エンドポイントセキュリティもカバー
HDD暗号化にとどまらず、エンドポイントに対応するSecureDoc Disk Encryption。許可したUSBデバイスしか使用させないポートコントロール、暗号化したメディアしか使用させないデバイスコントロールも搭載。しかも、ファイル単位の暗号化も加え、HDD、ポート、メディア、ファイルのすべての機能を1つのソリューションとして標準搭載されているのが大きな特長。必要な機能やニーズが細分化される中で、ワンストップでソリューションを利用できることは、安全性はもちろん、管理者側の導入コスト・手間の削減にも貢献する。

●各社の認証トークンやスマートカードにも対応
SecureDoc Disk Encryptionでは、認証時に多種多様な認証デバイス(ICカード、USBトークン、指紋認証)に対応。UPEK製指紋認証デバイスのサポートも始まった。
【主な認証デバイス】
ActivIdentity、UPEK、SafeNet、Aladdin、JUJO、Sony、G&Dのトークンに対応

●様々なニーズにあわせた幅広い運用形態
SecureDoc Disk Encryptionは、数10台の小規模向け「スタンドアロン」のほか、「サーバオンライン」「サーバオフライン」構成からの選択が可能。オンライン構成では、ポリシーの変更が必要な時でもプロファイルの配信により対応でき、サーバと常時接続する必要はない。また、ポリシーの変更が不要な場合やサーバと接続できない環境ではオフライン構成で構築。しかも、オンラインとオフライン構成は混在可能となっている。




このページの先頭へ

スペック

製品名 SecureDoc Disk Encryption
メーカー WinMagic
クライアント側OS Windows 8/Windows 7 SP1/Windows Vista SP2/Windows XP SP3/Mac OS 10.5.2〜10.8.2
クライアント側対応プロセッサ Intel、AMD、または互換プロセッサ(1GHz以上)
クライアント側必要メモリ容量 512MB以上
クライアント側必要ディスク容量 800MB以上の空き容量
クライアント側その他動作環境 インストールするドライブには10%の空き容量が必要
サーバ側OS Windows Server 2003 SP2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2 (64bit)/Windows Vista/Windows 7
サーバ側対応プロセッサ Intel互換 1GHz以上
サーバ側必要メモリ容量 1GB以上推奨
サーバ側必要ディスク容量 40GB以上推奨
サーバ側その他動作環境 SQL Server 2005/Microsoft SQL Server 2008/Microsoft SQL Server 2008 R2/SQL Server 2012 Express版にも対応
その他特記事項 UEFI対応についてはNCLC社までお問い合わせ下さい

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


クロス・ヘッド株式会社
部署名:NCLC事業本部 セキュリティ事業部
住所:〒150-6027 東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイスタワー27F
TEL:03-5447-8514
e-mail:security@crosshead.co.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10023516


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ