クラウド型ファイルサーバ 「FUSION Secure Drive」


クラウド型ファイルサーバ 「FUSION Secure Drive」


楽天コミュニケーションズ

Keyノート

  • 基本情報
  • クラウド型ファイルサーバ 「FUSION Secure Drive」の特長
  • クラウド型ファイルサーバ 「FUSION Secure Drive」のスペック

クラウド型ファイルサーバ 「FUSION Secure Drive」

掲載日:2013/03/31
更新日:2015/12/15


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
社内外でのファイル共有を安全かつ効率的に行いたい企業。
ファイルサーバのクラウド移行を検討中の企業。
製品形態 ASP・SaaS
サービス
概要
Windowsエクスプローラで操作できる「使いやすい」クラウド型ファイルサーバ。暗号化通信、マトリクス認証を採用し、セキュリティは万全。
価格情報 初期費用無料、最低利用期間なし
▼基本サービス 月額費用 1200円/ユーザ
▼利用ストレージ容量 月額費用 100円/GB
※税抜
サポートエリア 全国


特長


ファイル共有

クラウド型ファイルサーバなのに、操作は「今までどおり」快適!


「ファイルサーバを低コストのクラウドサービスへ移行したいけど、クラウドは使いにくいんだよな…」そんな従来のクラウド型ファイルサーバが抱えていた“弱点”を克服したのが、この「FUSION Secure Drive」。通常の業務で使っているWindowsエクスプローラでそのまま操作できることが、最大のメリット。まるで社内にあるファイルサーバを操作するかのように、「今までどおり」の快適なファイル共有が実現する。

操作は「今までどおり」で、ユーザビリティの高いファイル操作!
Webブラウザでアクセスし、IDとパスワードでログインした後は、PCのファイル操作と同じ。今までのファイルサーバと同じ感覚で使うことができる。ドラッグ&ドロップはもちろん、ショートカット起動やファイル編集など、いつもどおりの操作感を実現。使い方をレクチャーする、マニュアルを作成して教育研修…なども不要になる。

セキュアな環境で、大量データの受け渡しも簡単!
ファイル単位の簡単なクリック操作で、ファイル共有のURLを発行。共有期間やID・パスワードなどを設定するだけで、簡単に外部とファイルを共有できる。また、アクセスログとして、誰が閲覧したか、誰がダウンロードしたかなどの履歴も残り、管理者は、外部に流通したデータやファイルを正確に把握できる。

マトリクス認証のワンタイムパスワードでセキュリティは万全!
銀行のATMシステムなどにも使われている「マトリクス認証」を採用。パスワードは「ワンタイム(使い捨て)」になるため、より強固な認証を実現。セキュリティレベルの高い企業でも安心して導入できるセキュリティを完備している。

1ユーザ/1GBから利用OK!
「FUSION Secure Drive」は、初期費用無料、1ユーザ/1GBから始められる柔軟な価格体系を実現。最低利用期間も「なし」で、1ヵ月分から気軽に利用できる。




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) クラウド型ファイルサーバ 「FUSION Secure Drive」
サービス提供会社 楽天コミュニケーションズ
動作環境 【必須ソフトウェア】
・Webブラウザ:Internet Explorer 7、8、9 / Firefox / Safari
・ファイル操作:Windows エクスプローラ
【対応OS】
・Windows XP / Vista / 7
・Mac OS X
提供エリア 全国
オプションサービス -
その他サービス -
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


楽天コミュニケーションズ株式会社
住所:東京都世田谷区玉川1丁目14番1号


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10023454


IT・IT製品TOP > サーバー > ファイルサーバ > ファイルサーバの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ