クラウド型コールセンターシステム 「FUSION Connect 2.0」


クラウド型コールセンターシステム 「FUSION Connect 2.0」


楽天コミュニケーションズ

Keyノート

  • 基本情報
  • クラウド型コールセンターシステム 「FUSION Connect 2.0」の特長
  • クラウド型コールセンターシステム 「FUSION Connect 2.0」のスペック

クラウド型コールセンターシステム 「FUSION Connect 2.0」

掲載日:2013/03/31
更新日:2015/12/15


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
短期間で既存コールセンターシステムのクラウド化、拠点展開を検討中の企業。CRMとの連携を実現しコストダウンを図りたい企業。
製品形態 ASP・SaaS
サービス
概要
高機能・高パフォーマンスのクラウド型コールセンター。クラウド型なので初期設備投資は不要。最短2週間で本格的なコールセンターを構築できる。
価格情報 ▼ライセンス
Basicライセンス 月額 2000円/席 ※最小5席から
CallCenterライセンス 月額 9500円/席 ※最小2席から
税抜
サポートエリア 全国


特長


クラウド型

必要な時に必要な分だけ本格コールセンター導入!


「早急にコールセンターを立ち上げたい」「短期間だけコールセンターが必要」そんな企業の要望を受けて登場したのが、このクラウド型コールセンターシステム「FUSION Connect 2.0」。クラウド型なので、初期設備投資は不要。利用するシステムはクラウド上に完備されており、導入までの時間を大幅短縮。最短2週間で、高機能・高パフォーマンスの本格コールセンターを構築。

初期コストを大幅削減!
交換機(PBX)を利用した従来型のコールセンターでは、高価なサーバやソフトウェアライセンスが導入時に必要。でも、「FUSION Connect 2.0」はクラウド型なので、設備投資は不要。初期コストを最低限に抑えて、本格的なコールセンターを構築。

最短2週間で構築可能!
オンプレミスでの構築では最低でも3ヵ月程度はかかるのに対し、「FUSION Connect 2.0」なら、最短2週間。「新製品を発売するので、できるだけ早く立ち上げたい」などの要望に対し、まさにビジネスチャンスを逃さない、早期導入を実現。

使いやすい多機能管理ツールを標準搭載!
HUD(Heads Up Display)と呼ばれる管理ツールを標準で搭載。電話の転送や割り込み通話、受発信分配管理のほか、チャット機能、会議室機能などを装備し、管理者は、PCから簡単な操作でコールセンターの状況把握や業務指示を行うことができる。もちろん、CRM/SFAパッケージや自社開発システムとの連携も可能。

050番号、コールセンター機能に電話までワンストップでサポート
楽天グループの通信事業会社として固定通信 (マイライン)、IP電話、インターネット接続サービス等を提供している楽天コミュニケーションズだからできる万全のサポート体制。050番号からPBX機能やコールセンター機能、さらに電話機までワンストップサービスを提供し、迅速かつ効果的なアフターサポートをお客さまに提供することをお約束します。




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) クラウド型コールセンターシステム 「FUSION Connect 2.0」
サービス提供会社 楽天コミュニケーションズ
動作環境 -
提供エリア 全国
オプションサービス ▼全通話録音
▼専用サーバ
専用サーバ
VPN接続
API提供
▼リンクサーバ
その他サービス -
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


楽天コミュニケーションズ株式会社
住所:〒158-0094 東京都世田谷区玉川1丁目14番1号
TEL:0120-987-100


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10023453


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ