重複排除アプライアンス DXi6800


日本クアンタムストレージ

Keyノート

  • 基本情報
  • 重複排除アプライアンス DXi6800の特長
  • 重複排除アプライアンス DXi6800のスペック

重複排除アプライアンス DXi6800

掲載日:2013/03/31


企業規模 大企業・中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
●大量データのバックアップを効率化したい
●増え続けるデータの保護・管理にかかるTCOを削減したい
…企業やデータセンタ
製品形態 ハードウェア
製品概要 業界で最高水準のスケーラビリティ/効率性/性能を提供するミッドレンジからエンタープライズのバックアップ環境に適したディスク・バックアップと重複排除ソリューション
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


バックアップ

高速バックアップ/リストア処理の実現!重複排除アプライアンス


 データの重複排除とレプリケーションを搭載するオールインワン・アプライアンス「DXi6800」シリーズ。「DXi6802」は業界最高水準の性能・スケーラビリティ・効率性を備えている。また、独自の“Pay-as-you-Grow(データ量の増加に伴い、増加分のみ課金)”方式により、コストパフォーマンスに優れたシステムが実現できる。

クラス最高水準のパフォーマンス
「DXi6802」は同クラスの他社製品に比べて、約4倍の転送速度となる1時間あたり16TBの処理を実現する(米QUANTUM調べ 2013年1月)。特許取得済みのインライン重複排除技術により、ディスク容量を90%以上低減。また、標準搭載ソフト「DXi Accent」がバックアップサーバとDXiアプライアンス間で重複排除処理を分散し、ネットワーク帯域の負荷を大幅に軽減する。更に、独自のファイルシステム「StorNext」が異なるOS間でのデータ共有・移動、階層型アーカイブなどを実現する。

業界をリードするスケーラビリティ
「DXi6802」は、13TBから156TBの使用可能容量を単一のシステムで提供。優れたスケーラビリティにより、3PB以上のデータを14Uで格納でき、消費電力及びデータセンタでの設置面積を大幅に低減できる。

包括的なデータ・セキュリティ
SED(自己暗号化ドライブ)の使用により、データの保管時、AES(Advanced Encryption Standard)256ビットアルゴリズムで暗号化を行い、ディスクが流出しても、データを保護することができる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 重複排除アプライアンス DXi6800
メーカー 日本クアンタムストレージ
寸法 2U:444.5(幅)×87(高さ)×754.4(奥行)mm
質量 29.5kg
電源 AC100〜240V 50/60Hz
筐体タイプ 4Uラックマウント
キャッシュ容量 -
最大容量 利用可能容量:156TB
保持能力:3.1PB
対応メディア -
カートリッジ/ドライブ数 -
RAIDタイプ DDP
データ転送速度 NAS: 13.5 (TB/HR), OST: 16.3 (TB/HR), VTL: 11.9(TB/HR)
ストレージインターフェース 1GbE, 10GbE Optical, 8Gb FC
OS -
対応バックアップソフト BackupExec, System Recovery, NetWorker, NetBackup, CA ARCserve, CA D2D backup, Tivoli, NetVault
その他特記事項 ・最大1.7TB/時の高速バックアップでバックアップウインドウの短縮が可能
・システム停止の不要なオンデマンドの容量拡張が可能
・重複排除はもちろん、レプリケーション機能も標準搭載
・必要なすべてのライセンスを含み、導入設定がきわめて容易なターンキーのアプライアンス
・vmPROソフトウェアと連携して機能し、VMのバックアップ、リストア、及びDR保護の簡素化と高速化を実現

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


日本クアンタムストレージ株式会社
住所:〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-25-15 South新大塚ビル 9階
TEL:03-5978-0070
FAX:03-5978-4770
e-mail:japan_info@quantum.com


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10023405


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ