テレビ会議システム Fresh Voice


エイネット

Keyノート

  • 基本情報
  • テレビ会議システム Fresh Voiceの特長
  • テレビ会議システム Fresh Voiceのスペック

テレビ会議システム Fresh Voice

掲載日:2013/02/27


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
使いやすいテレビ会議システムを手軽に導入したい企業。
ニーズに合わせてシステム規模や映像・音声品質を選びたい企業。
製品形態 ソリューション・その他
サービス
概要
“導入のしやすさ”と“使いやすさ”を追求したテレビ会議システム。標準画質版、標準版や他社製専用機とも相互接続できるHD対応のハイブリッド版、ASP版がある。
価格情報 ■Fresh Voice V5:お問い合わせ下さい。
■Fresh Voice HYBRID:お問い合わせ下さい。
■Fresh Voice ASP:月額1万5000円〜
※税別
サポートエリア 全国


特長


サーバ導入型

“導入のしやすさ”“使いやすさ”を追求したテレビ会議システム


Fresh Voiceは、“導入のしやすさ”“使いやすさ”を追求したサーバ導入型のテレビ会議システムだ。サーバ導入型ならではの信頼性や、企業のニーズや実情に合わせて選べるシステム規模や映像・音声品質、セキュリティや動作安定性、誰でも簡単に使える操作性など、数々のメリットを享受できる。

Fresh Voiceには標準画質Fresh Voice V5専用機並みの高画質・高音質を実現するFresh Voice HDFresh Voice V51つのアプリケーションで運用できるFresh Voice HYBRID、及びASP版Fresh Voice ASPがある。

●国内シェアNo.1(※)のテレビ会議システム
Fresh Voice V5は、7年連続で国内シェアNo.1を獲得したFresh Voiceの最新版。最大9人までの同時表示、電話帳・会議予約からの一斉召集、切り替え自在な映像表示、デスクトップ・資料・Web共有などを特長とし、部門レベルから企業レベルの大規模システムまで柔軟に対応できる。最小構成からスモールスタートし、段階的に拡張していくことも可能。

※出典:富士キメラ総研「2012ブロードバンド・ビジネス市場調査総覧」

●企業内で行われるすべての会議スタイルに対応可能
Fresh Voice HDは、国際標準規格SIPに対応しており、他社製の専用機型テレビ会議システムとも相互接続が可能。国際標準規格のH.264/SVCにも準拠しており、安定した品質でフルHD映像・音声のテレビ会議を実現できる。

Fresh Voice HYBRIDはこのFresh Voice HDとFresh Voice V5を1つのアプリケーションで運用できるため、大会議室で開かれる映像重視の経営者層会議から、小会議室や個人のPCを介して行われるデータ共有重視の部門会議・簡易ミーティングまでに柔軟に対応できる。

●Fresh Voiceをクラウドで
Fresh Voice ASPはFresh Voiceをクラウド環境で利用できるASP版。インターネット環境があればすぐに利用でき、サーバ管理も不要なため、拠点数が少ない企業や社外取引先、在宅勤務者とのWeb会議に適している。




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) テレビ会議システム Fresh Voice
サービス提供会社 エイネット
サービスメニュー(提供可能な製品群) ■Fresh Voice V5
■Fresh Voice HYBRID
■Fresh Voice ASP
動作環境 OS:Windows 2000以上
CPU:Pentium 4 2GHz以上
メモリ:512MB以上
HDD:50MB以上
オプションサービス 録画オプション
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


エイネット株式会社
住所:〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F
TEL:03-3862-5402
FAX:03-5822-2039
e-mail:freshvoice@anets.co.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10023152


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ