ユニファイド・ストレージ EMC VNXシリーズ


ユニファイド・ストレージ EMC VNXシリーズ


EMCジャパン

Keyノート

  • 基本情報
  • ユニファイド・ストレージ EMC VNXシリーズの特長
  • ユニファイド・ストレージ EMC VNXシリーズのスペック

ユニファイド・ストレージ EMC VNXシリーズ

掲載日:2013/02/07


企業規模 大企業・中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
ファイルサーバやストレージの統合を検討中の企業。
サーバ・デスクトップ仮想化の中でストレージの選択に頭を悩ませている企業。
製品形態 ハードウェア
製品概要 SAN(ブロック)もNAS(ファイル)も1台に統合できるユニファイド・ストレージ。サーバやデスクトップ仮想化と連携する機能も実装し、様々な仮想化ニーズにも1台で応える。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


SAN・NAS統合

SANもNASも仮想化にも。様々なストレージニーズに1台で応える!


VNXシリーズは、基幹業務用DBやメール用DBなどのブロックデータを管理するSAN環境と、日常利用するファイルデータを管理するNAS環境を1台で統合して保存することができるユニファイド・ストレージ。SANとNASの統合が実現することで、同一環境での運用管理を可能にし、ディスク容量を有効に活用できる。

フラッシュ・ドライブ搭載!性能・容量を最大化!
VNXシリーズでは、フラッシュ・ドライブを活用し、各サーバのLUN(ボリューム)に共有されるストレージ・プール内で1GB単位のスライスにて管理。データのアクセス状況(使用頻度)を分析し、自動的に適切なストレージ階層へデータを移動する。管理者の手間をかけることなく、性能を最大化することができるだけでなく、ハードウェア、ソフトウェア、設置面積、消費電力などにかかるコストも大幅に削減する。

一目で分かる管理画面!操作も簡単!
VNXシリーズの操作は、いたって簡単。標準装備のEMC Unisphere(ストレージ管理ソフトウェア)により、様々な操作が可能で、グラフィカルに各コンポーネントの状態を把握することができる。また、リソースの使用状況の詳細なレポートも簡単に表示ができ、イベント発生時にはポップアップで問題を通知。交換手順ナビゲーション機能により、各種パーツ交換も迷わずに作業を行うことができる。

VMware製品と強力に連携!仮想化環境にも最適!
コストを削減し、ビジネスの求める拡張性と柔軟性を実現する仮想化の成功に、ストレージの選択は重要。VNXシリーズは、VMwareと連携し、仮想マシンの移行や複製を実行。VMFSのロック処理を行い仮想デスクトップの起動を高速化するなど、仮想化の効果を高める性能・拡張性・運用のしやすさを兼ね備え、様々な仮想化に対応できる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 ユニファイド・ストレージ EMC VNXシリーズ
■以下は「VNX5500」のスペック
メーカー EMCジャパン
寸法 -
質量 -
電源 100-240VAC
筐体タイプ 4U〜7U
キャッシュ容量 NAS:12GB
SAN:24GB
最大容量 480TB
対応メディア -
カートリッジ/ドライブ数 250
RAIDタイプ -
データ転送速度 -
ストレージインターフェース FC、SCSI、FCoE
OS -
対応バックアップソフト -
その他特記事項 【製品ラインナップ】
■VNX5100 ■VNX5300 ■VNX5500 ■VNX5700 ■VNX7500

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


EMCジャパン株式会社
住所:〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022916


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ