AX6000Sファミリ


アラクサラネットワークス

Keyノート

  • 基本情報
  • AX6000Sファミリの特長
  • AX6000Sファミリのスペック

AX6000Sファミリ

掲載日:2012/12/07
更新日:2013/07/15


企業規模 大企業・中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
障害リスクの少ない、大規模なネットワークを構築したい企業。IT機器の省電力化を図っている企業。
製品形態 ハードウェア
製品概要 1台に2台分の機能を実装し、「止まらないネットワーク」を実現する大容量コアスイッチ製品。更に、仮想化により複数のネットワークを構築できる機能もサポート。
価格情報 AX6708S 799万円〜(税抜)
サポートエリア 全国


特長


高信頼

障害時も通信可能なエンタープライズ向け10ギガビットスイッチ


「AX6000S」ファミリは、装置管理部とパケット処理部を独立モジュールで構成することにより、スロット帯域の大容量化と高信頼・高可用を実現した、大容量・フルスペックのシャーシ型マルチレイヤスイッチである。また、仮想化ソリューションの利用により、セキュリティを損なわずコアスイッチの集約を可能にする。

●最大スイッチング容量は1Tbps超
「AX6700S」シリーズは、最大1.15Tbpsのスイッチング容量。更に1ギガビット回線、10ギガビット回線を高密度収容することで、ポート当たり単価の低コスト化を実現する。1ギガビットイーサネットを最大192ポート、10ギガビットイーサネットを最大64ポート収容。

●可用性の高い構造がもたらす高信頼性
1台に独立した2台分の機能を実装して完全冗長化することで、装置自身の可用性を高めるフォールト・トレラント・アーキテクチャを採用。これにより、冗長化構成の装置台数が2台から1台に削減することができ、省スペース化、消費電力の削減につながる。障害発生時も、少ない切り替え時間で運転を継続できる。また、ほかの冗長プロトコルを用いる必要もなく、組み合わせの煩雑さからも開放される。

●ネットワークの仮想化でコアスイッチの集約とセキュリティ確保を両立
1つの物理的ネットワークを仮想的に分離し、複数ネットワークを構築する仮想化ソリューション「ネットワーク・パーティション」機能を提供。ネットワークの論理的な分割でセキュリティは損なわず、コアスイッチの集約によりシステム構築コストを抑えた、運用管理の容易なネットワークを実現できる。

●グリーンITに対応する省電力技術
「AX6700S/AX6600S」は必要な時に必要な部分に電力供給することで、不要な部分の電力供給を削減または停止する、独自の「ダイナミック省電力」機能を実装。夜間や休日、トラフィックが少ない時間帯などにおいて、ムダな電力消費を抑えてくれる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 AX6708S
メーカー アラクサラネットワークス
寸法 443(幅)×544(奥行)×395(高さ)mm
質量 82kg
電源 AC100〜240V/DC -48V
筐体タイプ ラックマウント(9U)
対応レイヤー レイヤ3対応
プロセッサ
メモリ容量
VLAN数 4095個
スループット 最大 1.15Tbps
LANインターフェース BSU(基本スイッチング機構)3枚搭載時の最大搭載数
10GBASE-R(XFP)×64
1000BASE-X(SFP)×192
10/100/1000BASE-T×192
その他特記事項 【高信頼化機能】
障害発生時に少ない切り替え時間で運転を継続できる、フォールト・トレラント機能
【ネットワーク仮想化機能】
複数のシステムを1つの物理ネットワークに統合することが可能な「ネットワーク・パーティション機能」
【省電力機能】
トラフィックが減少する時間帯に、性能を落とすことでムダな電力をカットする「ダイナミック省電力」機能
【階層化シェーピング機能】
VLAN内単位で優先制御や帯域制御が可能で、広域網などの拠点間接続でも高い品質を確保

※「AX6000S」ファミリでは、「AX6700S」シリーズ、「AX6600S」シリーズ、「AX6300S」シリーズを用意。
詳細は、製品サイトURLよりご確認下さい。

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


アラクサラネットワークス株式会社
住所:神奈川県川崎市幸区鹿島田890 新川崎三井ビル西棟


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022883


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークスイッチ > ネットワークスイッチの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ