自律型階層化ストレージ Pro 5000 シリーズ


自律型階層化ストレージ Pro 5000 シリーズ


ドットヒルシステムズ

Keyノート

  • 基本情報
  • 自律型階層化ストレージ Pro 5000 シリーズの特長
  • 自律型階層化ストレージ Pro 5000 シリーズのスペック

自律型階層化ストレージ Pro 5000 シリーズ

掲載日:2012/12/17
更新日:2013/04/01


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
ストレージ管理や拡張を手間なく容易に行いたい方。
仮想サーバ用の共有ストレージを検討中の方。
製品形態 ハードウェア
製品概要 リアルタイムの自律型階層化機能を持ったストレージ。面倒なポリシー設定などが不要で、データアクセスに合わせてベストな性能を出せるよう自動的にデータ再配置を行える。
価格情報 1073万円(25TB 2階層型モデル)〜
※税別
※詳細はお問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


RealStor内蔵

リアルタイム階層化機能を持つ仮想化時代のスマートストレージ


ドットヒルシステムズのPro 5000 シリーズは、自律型階層化機能を持ったストレージ。内蔵されたRealStorソフトウェア(特許申請中)によって、応答性能の改善を得られるばかりでなく、プロビジョニングやマッピングを手探りで行う必要がなくなり、ストレージ管理や拡張が容易に行えるようになる。

データアクセス速度を向上
RealStorによって、アクセスの多いデータエリア(ページ)は、管理者がその都度バッチ的に再配置を行うのではなく、高速デバイス階層(SSDや高速回転のSASドライブなど)へ自動的にページ単位で再配置。SSDとアーカイブディスクの組み合わせにより、刻々と変わる負荷にリアルタイムで継続的に対応でき、レスポンス性能の高いストレージ環境を実現する。

仮想化が招くレスポンス低下も改善
サーバやアプリケーションの統合・仮想化は、ストレージ要求の競合を招き、レスポンスの低下という問題が発生しがち。Pro 5000 シリーズでは、ユーザがどのデータへのアクセスをしようとしているかといった傾向を簡単に把握できるようなストレージソリューションを採用。ホットなデータを素早く移動してアクセスへの応答を早めることが可能。

コストを大幅に軽減
自動コンフィギュレーション(再配置)機能は、管理コストを大幅に軽減。またシンプロビジョニング機能によって、少ない数のディスクドライブで容量を最大化。実際の容量は必要になってから追加するので、初期投資も少ない。

煩わしい管理業務からの解放
ストレージ管理や拡張に際し、プロビジョニングやマッピング、ポリシー設定、RAIDレベルの選択、構成などを行う必要がなくなり、システム管理者は面倒な管理業務から解放され、本来の業務に集中することができる。

データの安全性も向上
Pro 5000 シリーズは高性能で高い可用性を持った信頼性の高いストレージ。リビルドが短時間で終わるため、リスク状態にある時間帯を短縮でき、データの安全性も向上する。




このページの先頭へ

スペック

製品名 自律型階層化ストレージ Pro 5000 シリーズ
メーカー ドットヒルシステムズ
規格 階層型RAID装置
記憶容量 19TB - 211TB (実行容量)
データ転送速度 最大5200MB/S
その他特記事項 自律的階層化機能
仮想ストレージプール
Thin Provisioning
高速リビルド

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


ドットヒルシステムズ株式会社
住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-8 ASKビル7F
TEL:03-3251-1690
FAX:03-3251-1691
e-mail:nihon@dothill.com


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022803


IT・IT製品TOP > ストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ