McAfee Web Gateway


マカフィー

Keyノート

  • 基本情報
  • McAfee Web Gatewayの特長
  • McAfee Web Gatewayのスペック

McAfee Web Gateway

掲載日:2012/12/01


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
●URLフィルタやWebプロキシの導入、置き換え検討企業
●企業、組織のWeb活用におけるセキュリティ強化を実現したいと考える企業
製品形態 ハードウェア
製品概要 ウェブセキュリティ強化の決定版。
マルウェア意図解析機能、Webレピュテーション、アクセス制御などマカフィーが誇るセキュリティと機能を提供。
価格情報 1001ノード以上の場合、ノードあたり2870円(税別)〜
別途アプライアンスが必要(仮想環境で利用時はアプライアンスは不要)
サポートエリア 全国


特長


Web専用

最新の複合型脅威に対応!Web2.0の安全利用を強力に支援


 Web専用の強力なセキュリティ対策を実現するMcAfee Web Gateway。脅威対策と安全なWebアプリケーションの利用に必要な機能を備え、高速で安全なWeb利用を支援する高性能・多機能アプライアンス。

■Webセキュリティ強化
 Webプロキシの基本機能だけでなく、強力な意図分析で未知の脅威にも効果的なマルウェア対策、高機能なコンテンツやURLフィルタ、そしてレピュテーションを活用した対策はもちろん、GoogleAppsなどの社外Webアプリケーション利用の際の細かな制御ができます。また、透過型ブリッジ、明示的プロキシ、透過型ルータ構成に対応可能。※モデル、バージョンにより違いがあり

■アウトバウンドコンテンツを見逃さず、徹底スキャン!
 HTTP、HTTPS、FTPを含むすべての重要なWebプロトコルのコンテンツをスキャンし、アウトバウンドのトラフィックを保護。一見正常に見えるHTTPトラフィックに潜む悪質なコードも検出可能としている。

■SSLトラフィックを直接スキャン!
 HTTPSの通信に対しマルウェア対策、コンテンツフィルタ機能を提供。SSLトラフィックを直接スキャンすることで、暗号化されたトランザクションの完全なセキュリティ、整合性、プライバシーを確保する。

■充実のレポート機能
 Web利用状況を把握できるレポート機能を搭載。組織ごとの管理権限の設定や問題の把握に役立つ詳細なカスタムレポートの作成が可能(オプション機能)。コンプライアンス、トレンドの把握、問題の隔離、不適切なWeb上の活動の記録に必要な情報、Web利用ポリシー徹底を目的としたフィルタリング設定に必要な情報などを提供する。

 また、McAfee SiteAdvisorEnterpriseと連携することで、クライアントの状況に応じた対策を行うことができる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 McAfee Web Gateway
メーカー マカフィー
寸法 1U、及び2U
質量 モデルにより異なる(仮想環境用ソフトウェア提供もあり)
電源 モデルにより異なる(仮想環境用ソフトウェア提供もあり)
筐体タイプ ラックマウント(1U、及び2U)、ほか専用ブレードでの利用も可能
プロセッサ モデルにより異なる(仮想環境用ソフトウェア提供もあり)
メモリ容量 モデルにより異なる(仮想環境用ソフトウェア提供もあり)
内蔵HDD モデルにより異なる(仮想環境用ソフトウェア提供もあり)
その他ドライブ -
セキュリティ機能 マルウェア対策(HTTP、及びHTTPS通信を含む)、
カテゴリ、及びレピュテーションによるWebフィルタ
キャッシュよる高速化
対応プロトコル HTTP、HTTPS、ICAP、WCCP、FTP
ポリシー数 -
スループット -
LANインターフェース モデルにより異なる(10/100/1000Baseほか)
その他インターフェース -
OS -
その他特記事項 透過型ブリッジ、明示的プロキシ、透過型ルータ構成に対応可能(モデル、バージョンにより違いあり)

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


マカフィー株式会社
住所:東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ ウェスト20F
TEL:03-5428-1104
FAX:03-5428-1480


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022776


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ