McAfee Endpoint Protection Suite


マカフィー

Keyノート

  • 基本情報
  • McAfee Endpoint Protection Suiteの特長
  • McAfee Endpoint Protection Suiteのスペック

McAfee Endpoint Protection Suite

掲載日:2012/12/01


企業規模 大企業・中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
メール、USBメモリ、Webからの感染を効率的に防止したい企業
レピュテーション機能を活用した最新のマルウェア対策を行いたい企業
製品形態 ソフトウェア
製品概要 ウイルス・スパイウェア対策など基本的なセキュリティ機能に加え、
メールウイルス・スパム対策、デバイス制御、Webレピュテーションまで包括したスイート製品
価格情報 参考価格
4940円 /1ノード(税別、ノード範囲11〜25での乗り換え価格)
サポートエリア 全国


特長


機能充実

USBメモリ、メール、Webなどの多層的なマルウェアから感染を防ぐ


 ウイルス対策、スパイウェア対策などセキュリティに必須となる基本機能に加え、USBメモリからのウイルス感染やスパムメールによる不正サイトへの誘導、Webサイトからのマルウェア感染リスクなど近年増加中の多層的なマルウェアに対応するのがMcAfee Endpoint Protection Suiteだ。

●未登録USBメモリの使用制限でデータを保護!
 ウイルス感染の原因となるUSBメモリなど外部デバイスの利用を制限できる。例えば、特定ユーザのみ使用を許可する、すべてのデバイスを使用禁止にする、未登録デバイスを使用禁止する…というように様々な制限が可能。また、USBメモリの利用制限を行うことで、データ持ち出しによる紛失事故を防ぎ、データ保護に貢献する。

●マルウェア感染をもたらすメールは、受信前にブロック!
 不正サイトへの誘導を促すスパムメールなど、受信トレイに到達する前にメールサーバでブロック。これにより、エンドポイントでスパムメールを処理する必要もなくなり、業務効率の低下を防ぐ。

●Webサイトからの感染リスクを低減!
 Webサイトの採点結果を基に評価の低いWebサイト接続を制御するレピュテーション機能により、不正、改ざんされたWebサイトから感染するリスクを低減できる。

●単一コンソールでセキュリティ管理!低コストで保護
 一元化された単一のコンソールからすべての保護機能を管理できる。また、セキュリティ対策を1つの統合ソリューションで行えるので低コストでの保護が可能となる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 McAfee Endpoint Protection Suite
メーカー マカフィー
クライアント側OS 以下、利用機能に依存するため、お問い合わせ下さい。
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS -
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


マカフィー株式会社
住所:東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ ウェスト20F
TEL:03-5428-1104
FAX:03-5428-1480


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022772


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ