仮想ADC/ロードバランサー Brocade Virtual Traffic Manager


仮想ADC/ロードバランサー Brocade Virtual Traffic Manager


SCSK

Keyノート

  • 基本情報
  • 仮想ADC/ロードバランサー Brocade Virtual Traffic Managerの特長
  • 仮想ADC/ロードバランサー Brocade Virtual Traffic Managerのスペック
  • 仮想ADC/ロードバランサー Brocade Virtual Traffic Managerの資料ダウンロード
  • 仮想ADC/ロードバランサー Brocade Virtual Traffic Managerの問い合わせ・相談

仮想ADC/ロードバランサー Brocade Virtual Traffic Manager

掲載日:2012/11/08
更新日:2015/11/15

資料請求・問い合わせ

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
ビジネスの規模・成長に合わせ、コストを抑えて高機能ロードバランサーを導入したい企業。クラウド事業者、インテグレータの方。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 SSLアクセラレータを標準搭載する、仮想ADC(L7ロードバランサー/アプリケーション・デリバリ・コントローラ)。ソフトウェアベースのためクラウド・仮想環境に最適。
価格情報 オープン価格
サポートエリア 全国


特長


豊富な実績

国内外のクラウド/仮想環境で多数実績、ソフトウェアベースのADC


2003年の提供開始以来(国内提供は2005年)、仮想ADCとして進化を続ける、ブロケード「Brocade Virtual Traffic Manager」(旧名:リバーベッド「SteelApp Traffic Manager / Stingray Traffic Manager」(*1))。
IIJ GIO、ニフティクラウド、IDCフロンティア、AWS等の国内外の主要クラウドサービスのほか、様々な企業で採用実績のある仮想ADCのマーケットリーダー(*2)である。
*1 2015年3月4日付けで、Brocade Communications Systems社はRiverbed Technology社よりBrocade Virtual事業を買収。
*2 出典元: Dell'Oro 2Q13 Data Center Appliance Report


ビジネスの成長に合わせた機能拡張が可能
「Brocade Virtual Traffic Manager」の料金体系は、帯域/負荷分散対象サーバ数別となっている。そして、より高いパフォーマンスが必要となった時、ライセンスキーを切り替えることで、帯域の拡張ができる。スモールスタート後、ビジネスの成長・必要なパフォーマンスに応じた適正なコストで機能の拡張が図れる。

柔軟な料金体系
「Brocade Virtual Traffic Manager」は、通常の『製品版』のほか、クラウド・データセンタ事業者へは、エンドユーザの利用ライセンス数に応じた『月額課金モデル』も提供している。月額課金は、最新のバージョンを使った分だけ課金されるモデルであるため、初期投資を抑えることができる。

迅速な納入〜運用スタートが可能
ソフトウェア製品であるため、迅速に納入、運用を開始できる。アプライアンス製品の多くは、納入までに2週間から1、2ヵ月かかるが、「Brocade Virtual Traffic Manager」は約10営業日、早いケースで2〜3営業日で納入される。

柔軟にパフォーマンスを増強
「Brocade Virtual Traffic Manager」の最上位である無制限ライセンスであれば、パフォーマンスの増強は柔軟かつ容易に行える。高機能サーバを低コストで調達できる今、ソフトウェアだからこその拡張性といえるだろう。




このページの先頭へ

スペック

製品名 仮想ADC/ロードバランサー Brocade Virtual Traffic Manager
メーカー ブロケード コミュニケーションズ システムズ
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS ■OS版 :対応OS
・Linux
・Solaris
・Open Solaris
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 推奨メモリ 2GB 以上
サーバ側必要ディスク容量 40GB以上の空きディスクスペース
サーバ側その他動作環境 ■仮想アプライアンス版:対応仮想化ソフトウェア
・VMware vSphere
・XenServer
・Oracle VM
・Microsoft Hyper-V
・QEMU/KVM
・上記サーバ側OS が稼働する仮想化ソフトウェア
(バージョン 9.9 の動作要件)
その他特記事項 ■製品ラインナップ(永年ライセンス)
帯域 10Mbps版、200Mbps版、1Gbps版、2Gbps版、5Gbps版、10Gbps版、20Gbps版、無制限版

Brocade Virtual Traffic Managerは、利用帯域に応じて製品ラインナップを取り揃えています。
データセンタ事業者へは、利用ユーザ数に応じて月ごとに料金をお支払いいただく「月額課金モデル」もございます。
詳しい内容につきましては、お問い合わせ下さい。
製品サイトURL:http://www.scsk.jp/product/common/stingray/

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■Brocade Virtual Traffic Manager 製品カタログ(永年ライセンス)(1.1MB)

Brocade Virtual Traffic Managerの概要をまとめた製品カタログ。特長や主な機能、管理画面を紹介しています。
■Brocade Virtual Traffic Manager ライセンス機能比較一覧(247KB)

Brocade Virtual Traffic Managerライセンス種別ごとの機能一覧です。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えて下さい。
(4) あなたの立場をお選び下さい。





製品・サービスの取扱い企業


SCSK株式会社
部署名:ITプロダクト&サービス事業部 IPネットワークテクノロジ部
住所:〒135-8110 東京都江東区豊洲3丁目2番20号 豊洲フロント
TEL:03-5859-3025
FAX:03-5859-3099
e-mail:stingray-sales@ml.scsk.jp
URL:http://www.scsk.jp/




図研ネットウエイブ株式会社
住所:〒222-8505 神奈川県横浜市港北区新横浜3-1-1
TEL:045-473-6821
FAX:045-473-1782
e-mail:info@znw.co.jp
URL:http://www.znw.co.jp/




NECネッツエスアイ株式会社
住所:〒112-8560 東京都文京区後楽2-6-1 飯田橋ファーストタワー
TEL:03-6699-7119
FAX:03-6699-7487
e-mail:pf-biz@ml.nesic.com
URL:http://www.nesic.co.jp/


掲載企業


SCSK株式会社
部署名:ITプロダクト&サービス事業部 IPネットワークテクノロジ部
住所:〒135-8110 東京都江東区豊洲3丁目2番20号 豊洲フロント
TEL:03-5859-3025
FAX:03-5859-3099
e-mail:stingray-sales@ml.scsk.jp
URL:http://www.scsk.jp/

備考: SCSK株式会社は、2011年10月に住商情報システム株式会社と株式会社CSKが合併し誕生しました。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022686


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ADC/ロードバランサ > ADC/ロードバランサの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ