Cisco Telepresence System テレビ会議ソリューション


Cisco Telepresence System テレビ会議ソリューション


メディアプラス

Keyノート

  • 基本情報
  • Cisco Telepresence System テレビ会議ソリューションの特長
  • Cisco Telepresence System テレビ会議ソリューションのスペック

Cisco Telepresence System テレビ会議ソリューション

掲載日:2012/11/01


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
■高画質のテレビ会議システムをお探しの企業
■既存のシステムを生かしつつ、HDテレビ会議システムの増設を検討中の企業
製品形態 ソリューション・その他
サービス
概要
あらゆる企業に最適なビデオ会議ソリューションを提供するCiscoテレプレゼンスシステム。高品質ビデオによる多地点会議をシンプルに実現するソリューション。
価格情報 オープン価格(一部製品のみメーカー希望小売価格あり)
サポートエリア 全国


特長


快適さを実現

各端末の性能を存分に発揮。Ciscoのトータルソリューション


Cisco のテレビ会議ソリューションは、「HDテレビ会議端末」「MCU」を組み合わせたテレビ会議ソリューションだ。

■Cisco HDテレビ会議端末の特長
解像度1080Pのフルハイビジョン品質を実現する「Quick Set C20」をはじめ、テレプレゼンスルームを実現するT3やAVインテグレーション向けのモデルなど、豊富なラインナップを用意している。低帯域でも高画質を維持する、外部制御に多く対応するなどの機能面はもちろん、障害時にはただちに交換対応されるという製品保証の手厚さも魅力だ。

■MCUの特長
従来のMCUは、HD端末と既存のSD(スタンダード・ディフィニション)端末を会議に混在させるとSD端末の分割画面上でHD端末が表示されない/画質低下する等の問題があった。CiscoのMCUは、HD端末とSD端末を混在させて接続することができる。既存の端末をすべて入れ替えることなく、HD端末を加えていくことができるため、システム移行のコスト負担軽減にも貢献する。

■Ciscoテレビ会議ソリューションの特長
◇高画質:実際に対面して会議しているかのような臨場感
◇信頼のCiscoブランドだからこそ、ネットワークインフラ製品が充実
◇高度なネットワーク運用やせキュリティ対策など、システム管理者の悩みを解決
◇様々なニーズに対応する豊富なラインナップソフトウェアのバージョンアップで常に最新の品質を維持
◇システム管理ソフトウェア「TMS」で管理の負担を大幅軽減
◇運用支援ソフトウェア「MCUオペレータ」との親和性・・ユーザがらくらく使用




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) Cisco Telepresence System テレビ会議ソリューション
サービス提供会社 メディアプラス
サービスメニュー(提供可能な製品群) ●テレビ会議システム
Quick Set C20(フルHD1080P対応)
EX90/60(デスクトップ向けフルHDシステム)
Edge 95MXP(会議室向けHDシステム)
●多地点接続装置
MCU4500シリーズ、MCU4200シリーズ
MSE8000シリーズ
動作環境 -
オプションサービス メディアプラスによる設置、オンサイトサポート
「Codian MCU」を簡単便利に使用するソフト「MCUオペレータ」
その他特記事項 世界で長年の信頼と実績を誇るCisco社のテレビ会議システムと、テレビ会議の多地点接続に特化したブランド「Codian MCU」の組み合わせによる高品質テレビ会議ソリューション。企業のユニファイド・コミュニケーションを実現するCiscoの多様な製品ラインナップ。端末のみならず、インフラ製品も豊富に揃えています。

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社メディアプラス
住所:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-11-6清水書院サービス第2ビル7F
TEL:03-3237-9003
FAX:03-3237-9005
e-mail:Sales@mediaplus.co.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022620


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ