SERVIS IP-KVM


富士通コンポーネント

Keyノート

  • 基本情報
  • SERVIS IP-KVMの特長
  • SERVIS IP-KVMのスペック

SERVIS IP-KVM

掲載日:2012/11/01
更新日:2016/12/15


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
遠隔地に設置したサーバ、ネットワーク機器を効率良く管理したい企業
製品形態 ハードウェア
製品概要 ・管理用ネットワークによるアウトオブバウンドでのコンソール操作を実現。
・マルチベンダでの機器集約アクセスに有効。
・国内ブランドならではの充実サポートを提供。
価格情報 オープン価格
サポートエリア 全国


特長


FWシリーズ

FXシリーズ ”IP-KVM”で、より効率的な統合管理を実現!


SERVIS FX-7101は、PC/サーバのKVMコンソールをネットワーク経由でリモート操作する、IPリモートのソリューションである。

■FX-7101P
・容易にIPリモートによる制御を実現できる。
・運用ネットワークとは別の管理用ネットワークでの構成が容易。
・BIOS操作を含めたコンソールによる管理がネットワークを通して可能。
・KVMコンソールに加えサウンドデータを伝送可能。
・USBコンソール機能で、IPリモートの操作をローカルUSB接続で実現。
USBを持ったPCをキーボード、マウス、ディスプレイの代わりに利用できる。
・仮想ストレージ機能により、OS/アプリのインストールやバージョンアップもリモートから可能。仮想ストレージとしてネットワークドライブの共有ディレクトリを使用可能

※災害からのBCPやパンデミック対策としてデータセンターやオフィスのミラーリング化が進んでいる。FXシリーズによるコンソールのリモート操作は構築も容易でこのような対策にも有用だ。



+拡大
このページの先頭へ

スペック

製品名 SERVIS IP-KVM
(FX-7101P)
メーカー 富士通コンポーネント
寸法 220(幅)×110.3(奥行)×42(高さ)mm
質量 0.8kg
電源 AC100V/9.5W(ACアダプター含む)
DC 5V(ACアダプター経由)/1.5A
筐体タイプ スタンドアロン(ラックマウント用オプション有)
プロセッサ -
メモリ容量 -
内蔵ドライブ -
機能 ・IPネットワーク経由でのリモート操作
・キーボード/マウスは、USB及びPS/2
・仮想ストレージ機能付
・音の伝送機能搭載
・USBコンソール機能
インターフェース ・サーバ接続インターフェース(専用ケーブルによる)
 (1)PS/2(MiniDIN6pin)
 (2)USB(PC及びSUN)
 (3)モニター:アナログRGB D-sub15pin
OS Windows、Linux、Solaris(USB)、UNIX
その他特記事項 セキュリティ機能
・キーストロークの暗号化(128bitAES/256bitAES)
・リモートの画面データも暗号化可能
・ファイヤーウオール機能搭載
・LDAP認証対応

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


富士通コンポーネント株式会社
部署名:マーケティング本部 第二マーケティング部
住所:〒140-8586 東京都品川区東品川4-12-4 品川シーサイドパークタワー
TEL:03-3450-1645
FAX:03-3474-2385


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022614


IT・IT製品TOP > サーバー > KVMスイッチ > KVMスイッチの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ