SERVIS IP-KVM


富士通コンポーネント

Keyノート

  • 基本情報
  • SERVIS IP-KVMの特長
  • SERVIS IP-KVMのスペック

SERVIS IP-KVM

掲載日:2012/11/01


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
遠隔地に設置したサーバ、ネットワーク機器を効率良く管理したい企業
製品形態 ハードウェア
製品概要 ・管理用ネットワークによるアウトオブバウンドでのコンソール操作を実現。
・マルチベンダでの機器集約アクセスに有効。
・国内ブランドならではの充実サポートを提供。
価格情報 オープン価格
サポートエリア 全国


特長


FWシリーズ

“IP-KVM”+“IP-Serial”で、より効率的な統合管理を実現!


SERVIS FWシリーズは、IPリモートからKVMコンソールとシリアルコンソールを制御するFW-DシリーズIP-KVM、多数のシリアルコンソール制御に最適なFW-SシリーズIP-Serialからなる。

■ IP-KVM:SERVIS IP-KVM FW-Dシリーズ
・ 容易にIPリモートによる制御を構築できる。
・ 運用ネットワークとは別の管理用ネットワークでの構成が容易。
・ BIOS操作を含めたコンソールによる管理がネットワークを通して可能。
・ 仮想ストレージ機能により、OS/アプリのインストールやバージョンアップもリモートから対応可能。
・ KVMだけでなくシリアルコンソールも集約して管理ができる。
・ マルチベンダのサーバを集約して管理運用ができると共に複数拠点からの管理が可能。

■ IP-Serial:SERVIS FW-Sシリーズ
・ 容易にIPリモートによる制御を構築できる。
・ 運用ネットワークとは別の管理用ネットワークでの構成が容易。
・ ヘッドレスサーバ、ネットワーク機器など各種アプライアンスのシリアルコンソールを集約しネットワークを通して操作が可能。
・ RADIUS、LADAPを初めTACACS+、Kerberosなどによる外部認証に対応
・ イベント通知機能を有する。

※災害からのBCPやパンデミック対策としてデータセンターの移設、ミラーリングオフィス化が進んでいる。FWシリーズによるコンソールのリモート操作が有用だ。




このページの先頭へ

スペック

製品名 SERVIS IP-KVM
(FW-D2116NP)
メーカー 富士通コンポーネント
寸法 430(幅)×234(奥行)×44(高さ)mm
質量 3.3kg
電源 AC100V〜240V(50/60Hz)
筐体タイプ スタンドアロン(ラックマウント可能)
プロセッサ -
メモリ容量 -
内蔵ドライブ -
機能 ・IPネットワーク経由でのリモート操作
・キーボード/マウスは、USB及びPS/2
・仮想ストレージ機能付
・2ユーザ×16ポートのマルチアクセス
・二重化電源搭載
・RoHS対応
※他シリーズ情報下記
インターフェース ・サーバ接続インターフェース(専用サーバモジュールによる)
 (1)PS/2(MiniDIN6pin)
 (2)USB(PC及びSUN)
 (3)モニター:アナログRGB D-sub15pin
OS Windows, Linux, Solaris(USB), UNIX
その他特記事項 ラインナップ
●IP-KVM
 ・1IPユーザ×8ユーザモデル :FW-D1108NP
 ・8×32モデル :FW-D8132NP
FWシリーズとしてシリアルコンソールサーバも用意しています。
●IP−シリアル
 ・8ポートモデル :FW-S1008SR
 ・16ポートモデル:FW-S1016SR
 ・32ポートモデル:FW-S1024SR
 ・48ポートモデル:FW-S1048SR

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


富士通コンポーネント株式会社
部署名:マーケティング本部 第二マーケティング部
住所:〒141-8630 東京都品川区東五反田2-3-5 五反田中央ビル
TEL:03-5449-7006
FAX:03-5449-2628


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022614


IT・IT製品TOP > サーバー > KVMスイッチ > KVMスイッチの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ