LanScope Eco3


エムオーテックス

Keyノート

  • 基本情報
  • LanScope Eco3の特長
  • LanScope Eco3のスペック

LanScope Eco3

掲載日:2012/11/01
更新日:2014/04/01


企業規模 中堅企業・中小企業 向け
オススメ
ユーザ
小規模組織のためにつくられた、使いやすくて手ごろな価格のネットワークセキュリティツール、グループウェアをお探しの方。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 中小規模企業や大企業の一部門(PC200台以下)のためのネットワーク・マネジメントツール。
このソフト1つで小規模ネットワークの運用ができる。
価格情報 ダウンロード販売限定
10ライセンス:10万5840円(税込)〜 要問い合わせ
サポートエリア 全国


特長


人を育てる

小規模ネットワーク・マネジメントウェア


『LanScope Eco3』は、グループウェア機能・資産管理・セキュリティ・メール管理・勤怠管理など、このソフト1つで小規模企業の業務が推進できるオールインワンソフトです。

【主な特長】
1:驚きの「週報」機能
自分が登録したスケジュールに対して、その時に使用したアプリケーションや送信したメールアドレス、作成したファイル名を1つの画面で確認できる驚きの週報。これさえあれば、新入社員でも上司への「報告」が簡単に行なえ、上司から正しい「判断」を得られる。更に自分自身の行動改善を「マネジメント」できるから、ベテラン社員のような仕事が可能になり自分とチームが大きく成長できる。

2:マネジメントできる自動「勤怠管理」レポート
タイムカードのような打刻は不要。PCの電源ON/OFFでEcoが自動で勤怠管理する。出退勤時刻の変動があれば「週報」から原因を探れるから、業務改善や残業削減のポイントが一目で把握できる。

3:仕事の始まりと終わりがわかる「Ecoアシスタント」
Ecoに登録したスケジュールやメッセージ、ワークフローの申請・承認をPC画面にポップアップで通知。Ecoアシスタントからスケジュールやメッセージを簡単に確認できる。

【新機能】
1:書類の電子申請・承認・進捗管理ができる「ワークフロー」機能
52種の標準項目で今ある書類フォーマットをそのままEcoの「ワークフロー」で利用でき、すぐに運用を開始できる。申請書類の進捗状況・承認期限が一目でわかるレポートを搭載。誰が承認してどこまで進んでいるか把握可能。
申請・承認・却下時に申請者・承認者へポップアップで通知し承認漏れを防止できる。

2:ウイルス対策ソフト管理強化
トレンドマイクロ社、シマンテック社、マカフィー社のウイルス対策ソフトが最新バージョンで利用されているか管理可能。



+拡大
このページの先頭へ

スペック

製品名 LanScope Eco3
メーカー エムオーテックス
クライアント側OS Windows 2000/XP Professional/2003/Vista/2008/7
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 【ブラウザ】
Internet Explorer 5.01以上
Firefox 2以上
サーバ側OS Windows 2000 Server SP4以上
Windows Server 2003 / Windows Server 2003(x64)
Windows Server 2008 / Windows Server 2008(x64)
Windows Server 2008 / Windows Server 2008R2(x64)
サーバ側対応プロセッサ Pentium 4 2.4GHz以上
サーバ側必要メモリ容量 2GB以上
サーバ側必要ディスク容量 70GB以上
サーバ側その他動作環境 -
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


エムオーテックス株式会社
住所:大阪本社:〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-12-12 エムオーテックス新大阪ビル
TEL:0120-968995 (お客様専用ダイヤル)
FAX:06-6308-8977
e-mail:sales@motex.co.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022557


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ