InterSafe Cache


アルプス システム インテグレーション

Keyノート

  • 基本情報
  • InterSafe Cacheの特長
  • InterSafe Cacheのスペック

InterSafe Cache

掲載日:2012/11/08


企業規模 大企業・中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
低コストでWeb環境を高速化し、セキュアな状態に保ちたい企業。情報漏洩やインターネットの私的利用を防止したい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 高速キャッシュに統合管理コンソール、Webフィルタリング、ログ分析などの機能を搭載した、汎用サーバーで使える国産のソフトウェア型セキュアプロキシ。
価格情報 ■初年度
サーバー1台目:50万円
2台目以降:25万円
■次年度以降
サーバー1台目:12万5000円
2台目以降:6万2500円
※税別
サポートエリア 全国


特長


高速プロキシ

高速でセキュアなWeb環境を低コストで実現


InterSafe Cacheは、国産のソフトウェア型セキュアプロキシ。仮想環境に対応しており、汎用サーバーにインストールすることでプロキシ化できることから、低コストで導入でき、ハードウェアリソースの効率的な利用を促進する。Webフィルタリングやログ分析などのセキュリティ機能も備えており、Web環境の統合的な管理・監視が可能。  

●高速キャッシュ&プロキシ機能
様々なプロトコルに対応したWebキャッシュで定評のあるプロキシサーバーソフトSquidをベースにした構成により、ネットワーク効率を最適化。マルチコアを有効利用し、インターネットアクセスを最大限に高速化する。もちろん、サポートサービスはSquidも含めアルプス システム インテグレーション(ALSI)から提供されるので安心だ。  

●国産Webフィルタリングソフトを搭載
ゲートウェイ型WebフィルタリングソフトInterSafe WebFilterの機能を利用可能。高精度なデータベースに基づく正確なフィルタリングが、不正サイトへのアクセスや書き込みを防止し、情報漏洩やウイルス感染を未然に防ぐ。  

●ログ分析ソフトを標準バンドル
InterSafe WebFilterから取り込んだアクセスログを閲覧・分析する機能を持つInterSafe LogDirector(Basic)をバンドル。視覚的にインターネットの利用傾向を把握し、私的・不正利用を直感的な操作で徹底チェックできる。  

●アンチウイルス製品との連携も可能
様々なベンダが提供しているアンチウイルス製品との連携インターフェースを搭載。Web環境のセキュリティを統合的に管理できる。  




このページの先頭へ

スペック

製品名 InterSafe Cache
メーカー アルプス システム インテグレーション
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Red Hat Enterprise Linux 6 Server(カーネルv 2.6.32)
※日本語64bit版に対応
サーバ側対応プロセッサ Intel Pentium 4 2.0GHz以上(Core2 Duo以上推奨)
サーバ側必要メモリ容量 1GB以上(2GB以上推奨)
サーバ側必要ディスク容量 150MB以上の空き領域(ログ仕様領域を除く)
サーバ側その他動作環境 【対応ブラウザ】
Internet Explorer 7/8/9
その他特記事項 【動作確認済みのアンチウイルス製品】
シマンテック:Symantec Scan Engine 5.2.11
トレンドマイクロ:InterScan Web Security Suite 3.1

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


アルプス システム インテグレーション株式会社
部署名:営業統括部セキュリティ営業課
住所:〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
TEL:03-5499-8045


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022502


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > UTM > UTMの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ