DME(Dynamic Mobile Exchange)


ソリトンシステムズ

Keyノート

  • 基本情報
  • DME(Dynamic Mobile Exchange)の特長
  • DME(Dynamic Mobile Exchange)のスペック

DME(Dynamic Mobile Exchange)

掲載日:2012/11/19
更新日:2013/11/01


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
BYODでスマホを安全かつ便利に活用したい企業。スマホの利便性を生かしながら、セキュアなモバイル環境を構築したい企業。
製品形態 ASP・SaaS
サービス
概要
スマートデバイス対応のBYODプラットフォーム。高度なグループウェア連携、暗号化、認証などのセキュリティ対策、MDM機能をワンパッケージに搭載。
価格情報 クラウド
1台:800円〜(月額、税別)
※初期費用別途必要
※オンプレミス版の価格については要問い合わせ
サポートエリア 全国


特長


BYOD

スマホの利便性を最大限に生かしつつ、高度なセキュリティを実現


DMEはスマートデバイスのビジネス利用を実現するためのプラットフォームを提供。公私のデータを完全に分離。会社支給はもちろん、BYODでのスマートデバイス活用を支援。

【コンテナ管理】
DMEクライアントは、業務アプリを搭載した安全な容器(セキュア・コンテナ)として機能。会社のデータは、すべて暗号化して端末に保管。「会社支給モード」「BYODモード」と分けて管理ができ、BYODモードでは会社領域のデータだけを削除可能。標準でMDM機能を搭載しており、端末管理もできる。

【グループウェア連携】
Microsoft Exchange、Lotus Notesと連携し、メール、アドレス帳、スケジュールなどの機能をスマホの利便性を生かしながら利用できる。

【AppBox】
セキュア・コンテナ内に専用のブラウザエンジンを搭載。安全に社内外のコラボレーションツールやSFA、CRM、ERPなどの情報資産へのアクセスができる。HTML5に対応しており、JavaScriptを用いて個別にカスタマイズしたアプリの利用も可能。

【グローバル対応とオフラインで使える利便性】
ユーザインターフェースは12ヵ国語に対応。オフラインでも使用できるため、電波が使いづらい環境においても、メール等のチェック、添付資料を開いてのプレゼンが可能。

【デバイス認証とユーザ認証】
DMEクライアントからのアクセスは、IMEI番号などで厳密にデバイス認証が行われ、その後社内のADまたはLDAPでユーザ認証を行いデータが取得できる。JailBreakされた端末の接続拒否も可能。




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) DME(Dynamic Mobile Exchange)
サービス提供会社 ソリトンシステムズ
動作環境 【対応グループウェア】
Lotus Domino8.0(32ビット)/8.5(32ビット/64ビット)
Microsoft Exchange 2007(SP1) / 2010(SP1)
【推奨デバイス】
iOS(5以上推奨)
Android 2.2以上
提供エリア 全国
オプションサービス DME AppBox オプション
DME Viewer オプション
その他サービス -
その他特記事項 ※システム構成については要問い合わせ

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社ソリトンシステムズ
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿2-4-3
TEL:03-5360-3806
FAX:03-3356-6354
e-mail:ondemand@soliton.co.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10022493


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ